f

名古屋学芸大学・名古屋学芸大学大学院・短期大学部関係 カリキュラム

名古屋学芸大学大学院 栄養科学研究科(2017年度入学生対象)

博士前期課程

区分 授業科目名 授業方法 単位数 備考
必修 選択
基礎科目 EBN特論 講義 2    
EBN演習 演習 2    
応用科目 人間栄養領域 栄養生理学特論 講義・演習   2  
栄養生化学特論 講義・演習   2  
運動栄養学特論 講義・演習   2  
ライフサイクル栄養学特論 講義・演習   2  
臨床栄養領域 臨床医学特論 講義・演習   2  
臨床栄養学特論 講義・演習   2  
栄養管理プロセス特論(傷病者) 講義・演習   2  
栄養管理プロセス特論(高齢者) 講義・演習   2  
臨床心理学特論 講義   2  
臨床心理学演習 演習   2  
食行動・
食環境領域
栄養疫学特論 講義   2  
栄養疫学演習 演習   2  
食教育学特論(栄養教育) 講義・演習   2  
食教育学特論(公衆栄養) 講義・演習   2  
国際栄養学特論 講義・演習   2  
食行政特論 講義・演習   2  
食品機能・
食品安全領域
食品機能学特論 講義   2  
食品機能学演習 演習   2  
食品安全学特論 講義・演習   2  
インターンシップ インターンシップⅠ 演習   2  
インターンシップⅡ 演習   2  
インターンシップⅢ 演習   2  
特別研究 演習 8    

博士後期課程

授業科目名 授業方法 単位数 備考
必修 選択
博士特別研究 演習 8    

修了要件

【博士前期課程】
 博士前期課程に2年以上在学し、基礎科目から4単位、応用科目の「人間栄養領域」、「臨床栄養領域」、「食行動・食環境領域」、「食機能・食品安全領域」、「インターンシップ」のうちから18単位以上、及び必修の特別研究8単位の合計30単位以上修得し、修士論文の審査及び最終試験に合格した者。
 上記の修了要件を満たしたものに、「修士(栄養科学)」の学位を授与する。

【博士後期課程】
 博士後期課程に3年以上在学し、8単位を修得し、かつ、必要な論文指導を受けた上、本大学院が行う博士論文の審査及び最終試験に合格した者。
 上記の修了要件を満たしたものに、「博士(栄養科学)」の学位を授与する。

このページのトップへ戻る