HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 ヒューマンケア学部 子どもケア学科 兼 大学院子どもケア研究科 教授
ふりがな ミッシェル モローネ
教員氏名 Michelle Henault Morrone
英語表記 Michelle Henault Morrone
生年 1958年
学歴 Ohio University(オハイオ大学) 文学部 卒業 (1980年)
Harvard University(ハーバード大学大学院教育学研究科)修士課程修了(1988年)
名古屋大学大学院博士後期課程 教育発達科学研究科 修了(2008年)
学位 文学士[Ohio University(オハイオ大学)](1980年)
教育学修士[Harvard University(ハーバード大学)](1988年)
博士(教育学)[名古屋大学](2008年)
現在の研究分野
(最大5つまで)
比較教育学、多文化教育、社会教育、英語教育一般
現在の研究テーマ
  • multicultural education
  • issues in comparative education
  • creativity in changing cultures

主な研究業績

【学術論文】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
Multiple Intelligences – Uses in the School Community 2005年2月 異文化間教育学会
第22大会要旨集
 
The Fragmented Community and its Effect on School Volunteer Organizations in the United States 2005年5月 名古屋外国語大現代国学部
紀要, No. 1,
 
Fragmented Communities and its Effects of Volunteer Organizations like the PTA 2005年9月 多文化関係学会
第4大会要旨集
 
Fragmenting Communities: Volunteer Parent Organization in Japan and the US 2005年11月 CIES-CHET Comparative International Education Society International Conference  
Parental Contributions to the Local School Community: Changes in the Role of the PTA in Japanese Life 2006年2月 Harvard Yenching Society 6th Biennial Conference.  
PTA Participation: Definitions of Community Service in Contemporary Japan and the United States 2006年6月 アメリカ教育学会
第18回大会発表要旨集
 
Early Influences on the Formation of the PTA's in Communities in the United States 2006年10月 日本教育社会学会
第58回大会発表要旨集
 
A Systemic Approach to School Safety in an Era of Fear and Uncertainty 2007年4月 アメリカ教育学会
第19回大会発表要旨集
 
Keeping Ties With the Local Community: How Japanese School PTA Connections With the Neighborhood Help in Times of Need.
(査読付)
2007年11月 Association of Childhood International, Vol. 10 #4  
Relating Ralf Dahrendorf''s Ideas to Community Volunteerism 2008年2月 異文化間教育20大会
発表要旨集
 
The PTA in Japan and the United States – Volunteer Organizations Under Pressure in Two Changing Societies 2008年6月 名古屋大学  
The Rise of Security Fears in Japan: Shifts in Perspective and School Policy, 2009年1月 7th Annual Hawaii International Conference  
The Issue of 'Half' children and Ijime – A Case Study 2009年5月 異文化間教育学会
第29回大会発表要旨
 
Two Year After – How Japan Addresses the Inclusion of Foreign Care Workers 2009年5月 International Conference of Migration Studies  
Foreign Care Workers – Needed but Not Included 2009年6月 International Conference of Migration Studies  
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
Devotion to Community and Children – PTA
Perspectives
2005年 Hawaii Preparatory Academy, Kamuela, HI  
Current Japanese Educational Challenges 2008年8月 Turku University: Turku Public Schools, Turku, Finland  
Japanese Social Environment and its Effect on Schools 2008年8月 Uppsala University, Uppsala Sweden  
The Case Study of Indonesian Care Workers in Japan 2009年5月 Global Awareness Society International Washington DC  
Foreign Care Workers and Immigration Status in Japan – the next wave of worker immigrants 2009年6月 Migration and Social Theory Graduate Conference
Trento, Italy
 
Pressures from Taking Advantage of Japanese Paternal Leave Policy – What can Schools do to affect change 2010年1月 HICE
(Hawaii International Conference on Education)
 
Don't Cut the Craft Out of Art Education: a look at Japanese art education. 2010年1月~2010年3月 CIES (Comparative International Education Society) Chicago, IL  
Preservice Early Education and Childcare: Multlicultural and Inclusive Training as part of ESD-Defined Quality Education in Japan, Sweden, and the US. 2019年
11月11日-16日
ICERI Conference  

主な教育上の業績

【大学教育の改善に関する活動】
活動事項 単・共
の別
年月 備考
週に一度オフィスアワーを設置し、学生の学習指導や、進路相談に応じている。   1994年4月~現在  
英文読解力養成のための学生本位の指導を行う。学生がそれぞれ持つ、能力と興味を生かして、英文を読もうとする動機付けをし、最終的に読解能力を高めようと言う手法を用いている。学生本位の素材選定と、授業デザインを行い、プログラム全体のコーディネーターもつとめる。
(1.2年生対象)
1996年4月~現在  
Communicative Englishでは、マルチメディア機器を有効に利用し、授業を展開している。Webページ、クラス新聞の作成。プレゼンテーション用ソフトを用いての発表素材の制作。Internetを用いての、情報の分析、評価。制作。ディベートコンテストを行い、様々な場面でマルチメディア機器を有効活用している。 1998年4月 ~現在  
大学院生の個別指導
修士論文作成のための学生指導を行う。
学生の必要に応じて、アドバイスを与え、論文校正などを行う。
異文化教育、幼児の認知発達、MI理論や子どもの教育に関する研究に対して指導を行う。
2000年4月~現在  
コミュニカティブ・パワーアップ・チュートリアルとして授業を展開している。
パワーアップ・チュートリアルクラスのコーディネーターとして相互理解とコミュニケーションのために教材を活用した授業をおこなう。
2003年3月~現在  

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 ハーバード大学大学院教育学科卒業者学会、JALT、ACEI、AERA、CIES、CISV、日本教育社会学会、比較教育学会、 異文化間教育学会

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
東京外国語学院 (TCLC) 勤務 常勤 1981年9月~1983年9月  
Harvard Universityハーバード大学勤務 常勤 1986年1月~1988年3月
 
名古屋大学総合言語センター(1991年4月より言語文化部)
外国人教師(特別研修コース・教養課程英語)
1990年4月~1994年3月  
椙山女学園大学文学部英語英米文学科非常勤講師 1991年4月~1994年2月  
名古屋外国語大学国際経営学部 助教授 1994年4月~2005年3月  
名古屋大学 NUPACE(2003年まで教育学部) 非常勤講師 1998年10月~現在に至る  
名古屋学芸大学 ヒューマンケア学部 教授  2005年4月~現在に至る  
名古屋学芸大学大学院 子どもケア研究科 教授  2011年4月~現在に至る  

科学研究費等外部資金導入実績

名称 題名 年月 機関名 備考
基盤研究(C) Inclusive Education for Preservice Teachers; comparison on US, Japan, and Sweden 2020年~
2023年
日本福祉大学 研究分担者

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
英語コミュニケーションⅠ、海外子どもケア研修、比較教育Ⅰ(日米教育比較研究)、比較教育Ⅱ(幼児理解の研究)
キッズイングリッシュ、ゼミナールⅡ、卒業研究
(名古屋学芸大学 ヒューマンケア学部 子どもケア学科)

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る