HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 メディア造形学部 デザイン学科  兼 大学院メディア造形研究科 教授
研究科長
ふりがな きむら かずお
教員氏名 木村 一男
英語表記 Kazuo Kimura
生年 1934年
学歴 東京藝術大学 美術学部 工芸科(工芸計画) 卒業(1958年)
学位 芸術学士[東京藝術大学](1958年)
現在の研究分野
(最大5つまで)
デザイン
現在の研究テーマ
  • デザイン論
  • デザインマネジメント
  • 高速鉄道車両のデザイン開発

主な研究業績

【著書】
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
日本の近代デザイン運動史 1990年2月 ペリかん社  
都市産業革命宣言 1994年3月 プレジデント社  
ヒット商品のマーケティング 2001年5月 同文館出版  
【作品発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
ニッサン・シルビア(CSP310)の外形・内装デザインに携わる 1965年9月 日産自動車  
ニッサン・サニークーペ(KB10)の外形・内装デザインに携わる 1968年3月 日産自動車  
新幹線100系の外形・内装デザインに携わる 1985年3月 日本国有鉄道  
キハ85系気動車の外形・内装デザインに携わる 1989年4月 JR東海  
新幹線300系(のぞみ)の外形・内装デザインに携わる 1990年9月 JR東海  
新幹線E1系(Max)の外形・内装デザインに携わる 1994年7月 JR東日本  
モハ281系電車(はるか)の外形・内装デザインに携わる 1994年7月 JR西日本 Gマーク
ブルネル賞
モハ681系電車(サンダーバード)の外形・内装デザインに携わる 1995年4月 JR西日本  
新幹線500系(のぞみ)の外形・内装デザインに携わる 1996年3月 JR西日本 Gマーク
ブルーリボン賞
新幹線700系(のぞみ)の外形・内装デザインに携わる 1997年3月

JR東海+

JR西日本

Gマーク
ブルーリボン賞
モハ285系寝台電車(サンライズ・エクスプレス)の外形・内装デザインに携わる 1998年7月

JR西日本+

JR東海

 
新幹線N700系の外形・内装デザインに携わる 2005年3月

JR東海+

JR西日本

 
キハ189系気動車(まつかぜ)の外形・内装デザインに携わる 2010年11月 JR西日本  
新幹線N700系7000/8000番代
(みずほ・さくら)の外形・内装デザインに携わる
2011年3月

JR西日本+

JR九州

ブルネル賞

主な教育上の業績

【大学教育の改善に関する活動】
活動事項 単・共
の別
年月 備考
メディア造形学部総合オリエンテーションの実施 2009年4月~現在に至る メディア造形学部3学科の学生の相互交流を図るため
メディア造形学部 総合講座「クリエーション・ナウ」の実施 2010年4月~現在に至る メディア造形学部3学科の学生の相互理解と交流を図るため

主な職務上の業績

【社会的活動等】
活動事項 年月 活動機関 備考

(社)日本インダストリアルデザイナー協会

理事・理事長

1973年4月~1999年3月 (社)日本インダストリアルデザイナー協会  
国連開発機構(UNDPO)
インドネシア・クラフト振興事業調査員
1977年1月 国連開発機構(UNDPO)  
日本国有鉄道デザイン委員会 委員 1979年4月~1987年3月 日本国有鉄道  
国際インダストリアルデザイン団体協議会(ICSID)副会長 1981年8月~1985年8月 国際インダストリアルデザイン団体協議会  
(財)鉄道総合技術研究所
浮上式鉄道総合技術委員会 委員
1989年10月~1997年3月 (財)鉄道総合技術研究所  
名古屋市都市景観審議会 委員・会長 1993年1月~2007年3月 名古屋市  
(財)国際デザイン交流協会 理事 1993年4月~2009年3月 (財)国際デザイン交流協会  
(社)総合デザイン協会 理事 1994年4月~2005年3月 (社)総合デザイン協会  
グッドデザイン賞(Gマーク)審査委員 1995年4月~1999年3月 公益財団法人日本デザイン振興会  
(財)日本産業デザイン振興会 理事 2000年4月~2004年3月 (財)日本産業デザイン振興会  
(社)日本インダストリアルデザイナー協会 監事 2003年4月~現在に至る (社)日本インダストリアルデザイナー協会  

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本デザイン学会、民族芸術学会、デザイン史学研究会
【所属学会役員歴等】
学会及び役員名 年月期間(年月) 備考
日本デザイン学会 評議員 2007年~現在に至る  

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
日産自動車(株)設計部造形課 1958年4月~1972年6月  

(株)国際デザインセンター 代表取締役専務

1992年4月~2001年7月  

名古屋学芸大学 メディア造形学部 教授

2002年4月~現在に至る  

名古屋学芸大学 メディア造形学部 学部長

2002年4月~2016年3月  

名古屋学芸大学大学院 メディア造形研究科 教授・研究科長

2006年4月~現在に至る  

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
第5回勝見勝賞 1992年5月  
平成12年通商産業省デザイン功労者表彰 2000年10月  

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
空間・立体デザイン(演習)
【授業の改善と工夫】
  • 課題の「展開計画表」を提出させ、課題展開中のプロセスを記録させる。
  • 課題の「振り返りシート」を提出させ、展開方法、プレゼンテーションなどの自己評価と、作品の自己採点を行わせる。

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る