HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 管理栄養学部 管理栄養学科 講師
ふりがな みなみ あき
教員氏名 南 亜紀
英語表記 Aki  Minami
生年 1975年
学歴 中京女子大学 家政学部 食品・栄養学科 卒業(1997年)
静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 食品栄養科学専攻 修士課程修了(1999年)
静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 食品栄養科学専攻 博士課程修了(2003年)
学位 学士(食品・栄養学)[中京女子大学](1997年)
修士(食品栄養科学)[静岡県立大学](1999年)
博士(食品栄養科学)[静岡県立大学](2003年)
現在の研究分野 食生活学、応用健康科学
現在の研究テーマ
  • 大量調理と少量調理における献立の比較
  • 災害食の献立に関する研究
  • スポーツ選手の栄養管理について

主な研究業績

【著書】
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
‘丈夫な骨’で健康的に過ごしましょう!
~骨粗鬆症の予防~ 他・
平成20年~22年
年1~2回
(財)しずおか健康長寿財団 静岡県内に在住の高齢者を対象とした情報誌のコラムに健康情報や話題を掲載。
管理栄養士のための経営管理-アメリカにおける考え方と実践に学ぶ- 2015年12月 東京教学社 翻訳

給食のための基礎からの献立作成 

大量調理の基本から評価まで
2016年5月 建帛社  

給食経営管理論

2018年4月 株式会社みらい  
【学術論文】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
Stimulatory effect of zinc acexamate administration on fracture healing of the femoral-diaphyseal tissues in rats. 1999年 General Pharmacology 32 : 463-469  
Increase in bone protein components with healing rat fractures: Enhancement by zinc treatment. 1999年 International Journal of Molecular Medicine 4 : 615-620  
Effect of vitamin K2 (menaquinone-7) in fermented soybean (natto) on bone loss in ovariectomized rats. 1999年 Journal of Bone and Mineral Metabolism 17: 23-29  
Preventive effect of dietary fermented soybean on bone loss in ovariectomized rats: Enhancement with isoflavone and zinc supplementation. 2000年 Journal of Health Science 46: 263-268  
Supplemental intake of isoflavones and zinc-containing mineral mixture enhances bone components in the femoral tissue of rats with increasing age. 2000年 Journal of Health Science 46: 363-369  
Increase in bone growth factors with healing rat fractures: The enhancing effect of zinc. 2001年 International Journal of Molecular Medicine 8 : 433-438  
Enhancing effect of zinc and vitamin K2 (menaquinone-7) on bone components in the femoral tissue of female elderly rats. 2001年 Journal of Health Science 47: 40-45  
Characterization of the increase in bone 66 kDa protein component with healing rat fractures: Stimulatory effect of zinc. 2002年 International Journal of Molecular Medicine 9 : 503-508  
Great increase in bone 66 kDa protein and osteocalcin at later stages with healing rat fractures : Effect of zinc treatment. 2003年 International Journal of Molecular Medicine 11 : 223-228  
Enhancement of albumin expression in bone tissues with healing rat fractures. 2003年 Journal of Cellular Biochemistry 89: 356-363  
Characterization of Active Component in Marine Alga Sargassum horneri Extract in Stimulating Bone Calcification in Vitro. 2004年 Journal of Health Science 50: 634-639  
Hyperlipidemia is induced in regucalcin transgenic rats with increasing age. 2004年 International Journal of Molecular Medicine, 14: 647-651  
Bioavailabilitey of Zinc Yeast in Rats:
Stimulatory Effect on Bone Calcification in Vivo.
2004年 Journal of Health Science, 50: 75-81  
Prolonged intake of juice (Citrus Unshiu) reinforeced with β-cryptoxanthin has an effect on circulating bone biochemical markers in normal individuals. 2004年 Journal of Health Science, 50: 619-624  
Prolonged intake of dietary fermented isoflavone-rich soybean reinforced with zinc affects circulating bone biochemical markers in aged individuals. 2005年 Journal of Health Science,51:191-196  
β-クリプトキサンチン含有温州ミカン摂取の骨効果
―骨代謝マーカーによる解析―
2005年 Osteoporosis Japan. Vol.13:351-354  
Relationship between serum β-Cryptoxanthin and Circulating Bone Metabolic Markers in Healthy Individuals with the intake of Juice (Citrus unshiu)containing β-Cryptoxanthin. 2005年 Journal of Health Science,51(6):738-743  
Effect of β-Cryptoxanthin on Circulating Bone Metabolic Markers:Intake of Juice (Citrus Unshiu) Supplemented with β-Cryptoxanthin Has an Effect in Menopausal Women. 2006年 Journal of Health Science,52(6):758-768  

大量調理における食品の重量ならびに 栄養成分値の変化について

-パイロット・スタディ-
2016年

Nagoya Journal of
Nutritional Sciences,

第2号、93-102
報告
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
栄養指導実施におけるHbA1cの変化と指導の効果 2010年 第82回日本糖尿病学会 中部地方会(岐阜)  
生活指導実施前後におけるHbA1cの変化と指導の効果 2011年 第14回日本病態栄養学会年次学術集会(神奈川)  
血糖コントロール改善に影響を及ぼすと思われる要因の検討 2012年 第15回日本病態栄養学会年次学術集会(京都)  
とろみ剤を用いた液状経腸栄養剤の半固形化による胃排出の抑制 2012年 第15回日本病態栄養学会年次学術集会(京都)
 
生活指導の実施と糖尿病患者の長期間HbA1c値(JDS)の変動について 2014年 第17回日本病態栄養学会年次学術集会(大阪)  

主な教育上の業績

【作成した教科書】
教科書名(対象講義名) 単・共の別 年 月 備考

給食のための基礎からの献立作成
大量調理の基本から評価まで(給食管理実習)

2016年5月  

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
中学校教諭第一種免許状(家庭・保健) 1997年3月 愛知県教育委員会  
高等学校教諭一種免許状(家庭・保健) 1997年3月 愛知県教育委員会  
栄養士 1997年3月 藤枝第977号  
管理栄養士 1997年6月 厚生省第77502号  
日本糖尿病療養指導士 2015年5月

日本糖尿病療養指導士認定機構

認定番号27317

 

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本栄養改善学会、日本病態栄養学会、日本給食経営管理学会

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
医療法人羔羊会 弥生病院 給食部 1999年4月~2002年6月  
医療法人社団駿甲会介護老人保健施設 コミュニティーケア吉田 栄養課 2003年3月~2004年3月  
静岡県立大学大学院生活健康科学研究科代謝調節学研究室 客員共同研究員 2003年4月~2006年3月  
中京女子大学健康科学部栄養科学科助手 2004年4月~2007年3月  
いそむらファミリークリニック 2007年4月~2015年12月  
名城大学薬学部 非常勤講師 2008年4月~2014年3月  
名古屋学芸大学 管理栄養学部 非常勤講師 2008年9月~2014年3月  
岐阜市立女子短期大学食物栄養学科 非常勤講師

2013年9月~2015年3月

 
名古屋学芸大学 管理栄養学部 講師 2014年4月~現在に至る  
名古屋学芸大学大学院 栄養科学研究科 講師 2017年4月~現在に至る  

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
給食管理実習、管理栄養士演習(卒業演習・研究)
【授業の改善と工夫】
給食管理実習に必要な知識や技術を習得させるための工夫として、大量調理用の厨房機器を覚えるために、事前に厨房機器を各自調べてレポートし、次週、実際に実習室に入室して、機器の名前、使用方法等の説明を聞き、自分で調べたことを確認している。
喫食者を対象にした栄養教育を、ポスターおよび口頭で実施している。
グループワークだけでなく、個人課題として大量調理向けの献立作成や栄養計算、発注量計算を行い、 レポート提出するなど、自分で実践して考えていけるような指導を心掛けている。

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る