HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 管理栄養学部 管理栄養学科 兼 大学院栄養科学研究科 教授・副学部長
ふりがな いかり あきら
教員氏名 五十里 明
英語表記 Akira Ikari
生年 1952年
学歴 三重大学 医学部 医学科卒業(1978年)
学位 医学士[三重大学](1978年)
公衆衛生修士[国立公衆衛生院](1988年)
博士(医学)[名古屋市立大学](1992年)
現在の研究分野
(最大5つまで)
公衆衛生学、保健医療政策学、結核病学
現在の研究テーマ
  • 地域包括ケアシステム構築に係る食の役割に関する研究
  • 特定健診・特定保健指導における管理栄養士の役割に関する研究
  • 災害対策計画見直しにおける健康危機管理対応に関する研究
  • 結核予防対策全般に関する研究

主な研究業績

【学術論文】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
地域がん登録における罹患率の年次推移の推定 1990年10月 日本公衆衛生学会雑誌(37)861-866 査読有
全国市町村における高齢者の社会活動に関する実態調査実施状況 1994年10月 公衆衛生
58(10)738-742
査読無
行政施策における高齢者社会活動に関する研究-地方老人保健福祉計画の記述内容に関する考察- 1995年3月 長寿科学総合研究平成6年度研究報告(7)217-222 査読無
高齢者の社会活動評価法に関する研究、市町村の社会活動推進プログラムの評価に関する研究-地方老人保健福祉計画策定過程の諸問題に関する研究- 1996年3月 長寿科学総合研究平成7年度研究報告(8)358-362 査読無
高齢者における社会活動状況の指標の開発 1997年10月 日本公衆衛生学会雑誌
(44)760-768
査読有
妊婦・授乳婦の医薬品適正使用ネットワーク構築に関する研究 2008年3月 平成19年度地域保健総合推進事業報告書 査読無
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
21世紀の結核対策(日本結核病学会予防委員会) 2001年11月 結核
76(12):765-767,2001
査読無
新たな結核対策(日本結核病学会予防委員会) 2003年1月 結核
78(4):369-371,2003
査読無
輸送機関の結核感染と予防対策(日本結核病学会予防委員会) 2004年6月 結核
79(8):503-506,2004
査読無
結核の入院と退院の基準に関する見解(日本結核病学会治療・予防・社会保険合同委員会) 2005年1月 結核
80(4):389-390,2005
査読無
医療施設内結核感染対策について(日本結核病学会予防委員会) 2010年3月 結核
85(5):477-481,2010
査読無
クォンティフェロンTBゴールドの使用指針(日本結核病学会予防委員会) 2011年8月 結核
86(10):839-844,2011
査読無
潜在性結核感染症治療指針(日本結核病学会予防委員会・治療委員会) 2013年3月 結核
88(5):497-512,2013
査読無

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
医師免許 1978年5月 厚生省・238760  
公衆衛生認定専門家 2011年1月 日本公衆衛生学会・494  
【社会的活動等】
活動事項 年月 活動機関 備考
理事 2006年6月~
2008年8月
(財)日本公衆衛生協会  
2006年6月~
2010年3月
(財)結核予防会
2006年6月~
2008年6月
全国保健センター連合会
2006年6月~
2010年3月
水道技術研究センター
2006年6月~
2008年3月
日本環境整備教育センター
評議員 2006年6月~
2009年3月
(財)骨髄移植推進財団  
委員:公衆衛生医師の育成・確保のための環境整備評価委員会 2006年5月~
 2007年3月
厚生労働省  
委員:医療施設体系の在り方に関する検討会 2006年7月~
 2009年3月
厚生労働省  
参考人:地域医療支援中央会議 2006年12月~
 2007年10月
厚生労働省  
委員:地域保健対策検討会 2010年7月~
 2011年3月
厚生労働省  
委員:自殺総合対策の在り方検討会 2006年11月~
 2007年4月
内閣府  
委員:自殺対策推進会議 2008年2月~
 2011年3月
内閣府  
委員:社会保険病院等に関する専門家会議 2007年11月~
 2009年3月
社会保険庁  

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本公衆衛生学会、日本結核病学会、東海公衆衛生学会、日本結核病学会東海地方学会、日本呼吸器学会東海地方学会
【所属学会役員歴等】
学会及び役員名 年月期間(年月) 備考
日本結核病学会代議員




1992年4月~現在





 
日本結核病学会委員会委員 1991年4月~1997年6月 予防委員会委員
1999年4月~2013年3月 予防委員会委員、社会保険委員会委員、保健・看護委員会委員、プログラム委員
日本公衆衛生学会理事 2006年7月~2008年8月  
日本公衆衛生学会評議員 2011年7月~現在  
東海公衆衛生学会評議員 2003年4月~2006年3月  
東海公衆衛生学会理事 2006年4月~現在  

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
愛知県知多保健所技師 1978年4月~1982年3月  
愛知県足助保健所長 1982年4月~1984年3月  
愛知県衛生部保健予防課長 1989年4月~1993年6月  
愛知県教育委員会学校教育部保健体育課長 1993年7月~1995年3月  
愛知県衛生部環境衛生課長、医務課長 1995年4月~2000年3月  
愛知県健康福祉部技監、次長 2000年4月~2005年3月 2000年4月から2001年3月(兼)医務国保課長
愛知県健康福祉部理事(健康担当)、健康担当局長 2005年4月~2011年3月  
愛知県健康福祉部長 2011年4月~2013年3月  
名古屋学芸大学管理栄養学部 教授 
兼  大学院栄養科学研究科 教授
2013年4月~現在に至る  
名古屋学芸大学管理栄養学部 学科長 2014年4月~2016月3月  
名古屋学芸大学管理栄養学部 副学部長 2016年4月~現在に至る  

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
公衆衛生事業功労者日本公衆衛生協会長表彰 2013年3月 一般財団法人日本公衆衛生協会

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
疾病の成り立ちⅠ[生活習慣病](管理栄養学部2年次)、臨床医学Ⅰ・Ⅱ(短期大学部メディカル秘書コース1年次)
【授業の改善と工夫】
多チャンネルから得られた各種情報を分かりやすく講義で活用・提供する。

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る