HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 名古屋学芸大学 特任教授
ふりがな あおやま あつこ
教員氏名 青山 温子
英語表記 Atsuko Aoyama
生年 1954年
学歴 名古屋大学医学部医学科 卒業 (1980年)
名古屋大学大学院医学研究科博士課程 修了 (1986年)
学位 医学士[名古屋大学](1980年)
医学博士[名古屋大学](1986年)
現在の研究分野 国際保健医療学、公衆衛生学 
現在の研究テーマ
  • 生活習慣病・非感染性疾患のリスク要因と予防対策

主な研究業績

【著書】
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
Public health policies and health services. 
In “Economic and Policy Lessons of Japan to Developing Countries” 
分担 2011 年 Palgrave Macmillan  
医療経済 In 「国際保健医療学 第3版」 分担 2013年 杏林書院  
保健医療: 非感染性疾患 In「国際開発学事典」 分担 2018年 丸善出版  
【学術論文】
題名 単・共
の別
発行日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
Differences by sex in the prevalence of diabetes mellitus, impaired fasting glycaemia and impaired glucose tolerance in sub-Saharan Africa: a systematic review and meta-analysis 共著 2013 年 Bulletin of the World Health Organization 査読有
Barriers to the use of basic health services among women in rural southern Egypt (Upper Egypt) 共著 2013年 Nagoya Journal of Medical Science, 査読有
Patterns of risk factors related to non-communicable diseases (NCDs) in Asian and Oceania countries by using cluster analysis 共著 2014 年 Journal of International Health 査読有
Global trend in overweight and obesity and its association with cardiovascular disease incidence 共著 2014 年 Circulation Journal 査読有
Dimensions of women’s empowerment and their influence on the utilization of maternal health services in an Egyptian village: a multivariate analysis 共著 2014年 Nagoya Journal of Medical Science 査読有
Family support for women’s health seeking behavior: a qualitative study in rural southern Egypt (Upper Egypt). 共著 2014 年 Nagoya Journal of Medical Science 査読有
Independent association of liver fat accumulation with insulin resistance 共著 2014年 Obesity Research and Clinical Practice 査読有
アメリカ心臓協会の食事・栄養摂取指標5項目と健診成績との横断的関連-日本人勤労者での検討 共著 2014 年 日本循環器病予防学会誌 査読有
Association between parental history of diabetes and the incidence of type 2 diabetes mellitus differs according to the sex of the parent and offspring’s body weight: A finding from a Japanese worksite-based cohort study 共著 2015年 Preventive Medicine 査読有
Profile of non-communicable disease risk factors among young people in Palau 共著 2015年 Journal of Epidemiology 査読有
Profile of non-communicable disease risk factors among adults in the Republic of Palau: findings of a national STEPS survey 共著 2015 年 Nagoya Journal of Medical Science 査読有
Comprehensive medication management services influence medication adherence among Japanese older people 共著 2015 年 Journal of Rural Medicine 査読有
Effects of the health insurance coverage extension on the use of outpatient services among small children in rural China 共著 2015 年 Nagoya Journal of Medical Science, 査読有
Breakfast skipping is positively associated with incidence of type 2 diabetes mellitus: evidence from Aichi Workers’ Cohort Study 共著 2015 年 Journal of Epidemiology 査読有
Smoking and diabetes: is the association mediated by adiponectin, leptin or C-reactive protein? 共著 2015 年 Journal of Epidemiology 査読有
グローバル化社会の健康課題 単著 2015年 産業医学ジャーナル 査読無
Prevalence and predictors of prediabetes and diabetes among adults in Palau: population-based national STEPS survey 共著 2016年 Nagoya Journal of Medical Science 査読有
Facilitators and barriers of adopting healthy lifestyle in rural China: a qualitative analysis through social capital perspectives 共著 2016 年 Nagoya Journal of Medical Science 査読有
Estimating post-emergency fertilities among disaster affected adolescents – findings from a case control study in Aceh province, Indonesia  共著 2016 年 Disaster Medicine and Public Health Preparedness 査読有
Association between Maternal and Child Health Handbook and quality of antenatal care services in Palestine 共著 2017年 Maternal and Child Health Journal 査読有
Prevalence of non-communicable disease risk factors among poor shantytown residents in Dhaka, Bangladesh: a community based cross-sectional survey 共著 2017年 BMJ Open 査読有
Population profile and residential environment of an urban poor community in Dhaka, Bangladesh 共著 2017年 Environmental Health and Preventive Medicine 査読有
Content of advance care planning among Japanese elderly people living at home: a qualitative study 共著 2017年 Archives of Gerontology and Geriatrics 査読有
Long-term weight change slope, weight fluctuation and risk of type 2 diabetes mellitus in middle-aged Japanese men and women: findings of Aichi Workers’ Cohort Study 共著 2017年 Nutrition & Diabetes 査読有
Effectiveness of the Maternal and Child Health Handbook in Burundi for increasing notification of birth at health facilities and postnatal care uptake 共著 2017年 Global Health Action 査読有
Descriptive epidemiology of hypertension and its association with obesity: based on the WHO STEPwise Approach to Surveillance in Palau 共著 2017年 Asia Pacific Journal of Public Health 査読有
Disparity in metabolic risk factors of non-communicable diseases between Palauans and Filipinos living in Palau 共著 2017年 Nagoya Journal of Medical Science 査読有
Formative research for the nationwide promotion of a multidisciplinary community-based educational program on end-of-life care 共著 2017年 Nagoya Journal of Medical Science 査読有
A qualitative study on barriers to achieving high-quality, community-based integrated dementia care 共著 2017年 Journal of Rural Medicine 査読有
Functional capacity, self-rated health status, and psychosocial characteristics of employed cancer survivors in Japan 共著 2017年 Fujita Medical Journal 査読有
Perception and practice of ‘healthy’ diet in relation to noncommunicable diseases among the urban and rural people in northern Ethiopia: a community-based qualitative study 共著 2018 年 Nagoya Journal of Medical Science 査読有
Perception and behavior related to noncommunicable diseases among slum dwellers in a rapidly urbanizing city, Dhaka, Bangladesh: a qualitative study 共著 2018 年 Nagoya Journal of Medical Science 査読有
Non-communicable disease risk factor profile among public employees in a regional city in northern Ethiopia 共著 2018年 Scientific Reports 査読有
Pilot peer health education for noncommunicable disease prevention in Bangladesh, Ethiopia, and Palau 共著 2018年 Journal of Global Health Reports 査読有
Prevalence of hypertension and hypertension control rates among elderly adults during the cold season in rural Northeast China: a cross-sectional study 共著 2018年 Journal of Rural Medicine 査読有
Obesity and mental health improvement following nutritional education focusing on gut microbiota composition in Japanese women: A randomised controlled trial 共著 2018年 European Journal of Nutrition 査読有
Involvement of Japanese care managers and social workers in advance care planning 共著 2018年 Journal of Social Work in End-of-Life & Palliative Care 査読有
Effect of online program using popular social media on health care professionals’ knowledge and attitudes towards dementia 共著 2018年 Geriatrics and Gerontology International 査読有
The association between objective measures of residence and worksite neighborhood environment, and self-reported leisure-time physical activities: The Aichi Workers’ Cohort Study 共著 2018年 Preventive Medicine Report 査読有
A point system for predicting 10-year risk of developing type 2 diabetes mellitus in Japanese men: Aichi Workers’ Cohort Study 共著 2018年 Journal of Epidemiology 査読有
Popular social media as a tool for enhancing community-based end-of-life care education for health care professionals: a formative study 共著 2018年 Educational Gerontology 査読有
Glycated haemoglobin (HbA1c) as a reliable option for detecting diabetes among the urban poor population in Bangladesh 共著 2019年 European Journal of Public Health 査読有
Health-related behavior of the people who neglect the specific health guidance for metabolic syndrome control 共著 2019年 Nagoya Journal of Medical Science 査読有
Job satisfaction among Japanese home-visit care workers 共著 2019年 Home Health Care Management & Practice 査読有
Meaning and practices of spiritual care for older people with dementia: experience of nurses and care workers 共著 2019年 Psychogeriatrics 査読有
Association of gamma-glutamyl transferase and alanine aminotransferase with type 2 diabetes mellitus incidence in middle-aged Japanese men: 12-year follow-up 共著 2019年 Journal of Diabetes Investigation 査読有
Prevalence and correlates of dyslipidemia among men and women in Palau: findings of the Palau STEPS survey 2011–2013 共著 2019年 Journal of Epidemiology 査読有
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
パラオ若年成人者層における生活習慣病リスク要因について 共著 2014年 第73回日本公衆衛生学会総会  
パラオ一般住民における生活習慣病リスク要因について 共著 2014年 第29回 日本国際保健医療学会総会  
パレスチナにおける母子手帳普及と妊産婦ケア利用 共著 2014年 第29回 日本国際保健医療学会総会  
オセアニア島嶼地域における生活習慣病 (non-communicable diseases: NCD) とその危険因子―低中所得国の保健医療分野における新たな開発課題 共著 2014年 国際開発学会第15回春季大会  
Facilitators and barriers for adopting healthy lifestyle in rural China: A qualitative study 共著 2015年 第74回日本公衆衛生学会総会  
Perception of non-communicable diseases (NCDs) and their risk factors among urban and rural residents in northern Ethiopia: a community-based qualitative research 共著 2015年 第30回 日本国際保健医療学会学術大会  
Non-communicable disease (NCD) risk factors among the urban poor in Bangladesh - Preliminary findings of a community based qualitative study 共著 2015年 第26回国際開発学会全国大会  
パラオにおける科学的根拠に基づいたNCD予防戦略にむけての提言―保健関連ボストMDG課題としてのNCD (non-communicable diseases) 共著 2015年 国際開発学会第16回春季大会  
肥満問題のグローバル化と日本人の特殊性
企画2・グローバル化する生活習慣病の脅威
共著 2015年 第29回 日本医学会総会  
The number of metabolic syndrome components is more strongly associated with coronary artery disease than stroke 共著 2015年 第25回日本疫学会学術総会  
Long-term weight change slope and risk of type 2 diabetes mellitus in middle-aged Japanese men and women: findings of Aichi Workers’ Cohort Study 共著 2016年 第75回日本公衆衛生学会総会  
パラオ成人若年層における不眠症状と自殺念慮との関係について 共著 2016年 第75回日本公衆衛生学会総会  
Prevalence of non-communicable disease risk factors among the urban poor in Bangladesh 共著 2016年 第31回 日本国際保健医療学会学術大会  
Perception, practice and barriers of healthy diets among urban and rural residents in Northern Ethiopia – A community based qualitative study 共著 2016年 第27回国際開発学会全国大会  
パラオの若年者を対象とした生活習慣病教育プログラムの試行 共著 2016年 国際開発学会第17回春季大会  
一人暮らしの男性高齢者のエンド・オブ・ライフにおける苦悩とスピリチュアリティ 共著 2017年 第76回日本公衆衛生学会総会  
特定保健指導の効果とその経年変化 共著 2017年 第76回日本公衆衛生学会総会  
パラオにおける食行動 (果物・野菜摂取及び外食の頻度) と肥満との関連 共著 2017年 第76回日本公衆衛生学会総会  
Prevalence of non-communicable disease risk factors among public employees in northern Ethiopia 共著 2017年 第32回 日本国際保健医療学会学術大会  
Population profile and prevalence of noncommunicable disease risk factors of the poor living in a shantytown in Dhaka, Bangladesh 共著 2017年 国際開発学会第18回春季大会  
日本の農村部における地域包括ケアシステムの現状と課題に関する質的研究―認知症に焦点を当てて 共著 2017年 第28回国際開発学会全国大会  
GISにより評価した自宅近隣のwalkabilityと散歩・早歩き習慣との関連-愛知職域コホート 共著 2017年 第27回日本疫学会学術総会  
地理的剥奪・ソーシャルキャピタルと主観的健康感の関連-愛知職域コホート 共著 2017年 第27回日本疫学会学術総会  
健康・開発とジェンダー 単著 2018年 第38回日本性科学会学術集会 特別講演
γGTPとALT追加による10年間の2型糖尿病発症リスク予測能の改善:愛知職域コホート 共著 2018年 第77回日本公衆衛生学会総会  
中小企業従業員の女性配偶者における特定健康診査受診要因に関する質的研究 共著 2018年 第77回日本公衆衛生学会総会  
ホームヘルパーの職務満足に関する質的研究 共著 2018年 第77回日本公衆衛生学会総会  
Risk factors of hypertension among poor urban residents in Dhaka, Bangladesh 共著 2018年 第33回 日本国際保健医療学会学術大会  
Risk factors of diabetes and prediabetes among public employees in northern Ethiopia 共著 2018年 第33回 日本国際保健医療学会学術大会 ベスト口演賞
Substance use and perceptions among young people in Palau: a nationwide school-based survey 共著 2018年 第33回 日本国際保健医療学会学術大会  
Developing peer health education modules for noncommunicable disease prevention – Pilot programs in Bangladesh, Ethiopia, and Palau 共著 2018年 国際開発学会第19回春季大会  
自宅から鉄道駅、バス停、職場までの距離と歩行時間との関連―愛知職域コホート 共著 2018年 第28回日本疫学会学術総会  
料理ベース食事調査Webシステムのコホートでの活用に関するパイロット研究―第1報 実施方法と回答状況 共著 2018年 第28回日本疫学会学術総会  
料理データベース食事調査Webシステムのコホートでの活用に関するパイロット研究―第2報 摂取量の推定結果 共著 2018年 第28回日本疫学会学術総会、  
腸内環境に着目した栄養教育による肥満と心理的健康の改善効果:福島県住民女性を対象とした無作為化比較試験 共著 2018年 第28回日本疫学会学術総会  
BMI、腹囲、腹囲-身長比と2型糖尿病発症の関連およびその人口寄与危険割合:愛知職域コホート研究 共著 2019年 第29回日本疫学会学術総会  
腸内環境改善を目指したソーシャルネットワーキングサービスによる栄養教育の肥満・抑鬱尺度の改善効果 共著 2019年 第29回日本疫学会学術総会  

主な教育上の業績

【大学教育の改善に関する活動】
活動事項 年月 備考
少人数の学生を、開発途上国でのフィールドワークに引率指導、研究課題をまとめて学会地方会で発表 2003年~2017年  
少人数グループによる、セミナー及び農村地域における地域保健医療福祉の現場の見学  2003年~2018年  
少人数グループによる、プロジェクト形成、質的研究方法に関するワークショップ 2003年~2018年  
ウエブサイトを活用した予習復習用資料の配布 2019年  
【作成した教科書】
教科書名 単・共の別 年月 備考
開発と健康-ジェンダーの視点から 共著 2001年  
国際保健医療学 第3版 分担 2013年  
国際保健医療学 第2版 分担 2005年  
シリーズ・国際開発 第3巻:生活と開発 分担 2005年  

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
医師免許証 1980年 医籍登録番号 第256407号  
保険医 1981年 愛医 第27813号  
死体解剖資格 1985年 第4806号  
TOEIC Total Score 970 2008年    
社会医学系指導医・専門医 2017年 第 指17-171189号  
【社会的活動等】
活動事項 期間(年月) 活動機関 備考
男女平等参画審議会 委員 2002年~2004年 名古屋市  
O DA総合戦略会議 委員 2002年~2006年 外務省  
アフガニスタンの女性支援に関する懇談会委員 2002年~2007年 内閣府男女共同参画局  
Advisory Committee 委員 2002年~2007年 国連人口基金 東京事務所  
外部有識者(事業)評価委員会 委員 2002年~2008年 JICA  
厚生労働(保健医療)分野国際協力事業有識者検討会 委員 2003年~2006年 厚生労働省  
Technical Evaluation Reference Group 委員 2007年~2014年 世界エイズ・結核・マラリア対策基金  
課題別研修第三者検証/助言委員会 委員 2010年~2014年 JICA  
愛知県職員健康管理アドバイザー 2012年~2019年 愛知県  
研究評価委員会 委員 2012年~2020年 国立感染症研究所  

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本国際保健医療学会、国際開発学会、日本公衆衛生学会、日本衛生学会、日本疫学会、 東海公衆衛生学会、性と健康を考える女性専門家の会
【所属学会役員歴等】
学会及び役員名 期間(年月) 備考
国際開発学会 常任理事 2002年~2005年  
国際開発学会 理事 2002年~2017年  
日本国際保健医療学会 理事 2003年~2009年
2012年~2014年
 
日本国際保健医療学会 西日本地方会世話人 2003年~2019年  
日本国際保健医療学会 評議員/代議員 2003年~2022年  

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
国家公務員共済組合連合会虎の門病院
産婦人科専修医
1980年4月~1982年3月 授業に関連する実務歴
愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所
主任研究員
1986年4月~1987年2月 授業に関連する実務歴
ジョージタウン大学医学部細胞生物学講座 研究員 1987年3月~1990年3月 授業に関連する実務歴
大垣市民病院 産婦人科医長 1990年4月~1992年9月 授業に関連する実務歴
国立国際医療センター国際医療協力局 医師 1992年10月~1996年6月 授業に関連する実務歴
厚生省大臣官房国際課 課長補佐 (併任) 1996年6月~1998年6月 授業に関連する実務歴
世界銀行中東北アフリカ地域人間開発局 保健医療専門家 1996年6月~1999年6月 授業に関連する実務歴
国立国際医療センター国際医療協力局 医師 1999年6月~2001年1月 授業に関連する実務歴
名古屋大学大学院医学系研究科 教授 2001年2月~2019年3月 授業に関連する実務歴

科学研究費等外部資金導入実績

名称 題名 年月 機関名 備考
厚生労働科学研究費 紛争後の復興開発と平和構築に対する保健医療活動の役割に関する研究 2002年~2004年 名古屋大学 代表
科学研究費
基盤研究B
紛争後開発途上国における女性の健康問題の要因分析と改善の方策 2002年~2004年 名古屋大学 代表
厚生労働省国際医療協力委託研究 技術協力プロジェクトの効果的実施に関する研究 [分担] 技術協力の後方支援に関する研究 2005年~2007年 名古屋大学 分担
科学研究費
基盤研究C
中東紛争地域とその周辺国における女性保健医療専門職の役割とその育成 2005年 名古屋大学 代表
世界銀行技術援助信託基金 中東・北アフリカ地域諸国における鳥インフルエンザ・新型インフルエンザ対策準備状況 2006年   分担
科学研究費
基盤研究B
中東農村部の女性の健康改善に寄与する社会的要因-地域活性化と女性のエンパワメント 2007年~2009年 名古屋大学 代表
厚生労働科学研究費 国際保健医療分野での知識マネジメントに関する研究 2007年~2008年 名古屋大学 代表
世界銀行技術援助信託基金 エジプトにおける看護教育の状況 2007年   分担
厚生労働科学研究費 東アジア、オセアニアにおける生活習慣病対策推進のための学際的研究 2012年~2014年 名古屋大学 代表
科学研究費
基盤研究A
オセアニア・南アジアの労働者・低所得者における生活習慣病の実態と社会的危険因子 2013年~2017年 名古屋大学 代表
科学研究費
基盤研究B
アフリカ低所得国の地方都市・農村部における生活習慣病の実態と危険因子の学際的解析 2014年~2016年 名古屋大学 代表
AMED 保健関連ポストMDG課題としてのNoncommunicable Disease (NCD)-オセアニア・南アジア・アフリカにおけるNCD対策推進のための学際的研究 2015年~2017年 名古屋大学 代表

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
「微生物学」「公衆衛生学」(看護学部)、「国際・災害助産学」(別科助産学専攻) (予定)
【授業の改善と工夫】
  • ウエブサイトを活用した予習復習用資料の配布
  • 学生の席をまわり、問いかけながら講義

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る