HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 看護学部看護学科 教授
ふりがな いしだ  みちこ
教員氏名 石田 路子
英語表記 Michiko Ishida
学歴 愛知教育大学教育学部教育学科 卒業
奈良女子大学大学院修士課程文学研究科社会学専攻 修了
奈良女子大学大学院博士後期課程人間文化研究複合領域科学専攻 修了
学位 学士(教育)[愛知教育大学]
修士(文学)[奈良女子大学大学院]
博士(社会科学)[奈良女子大学大学院]
現在の研究分野
(最大5つまで)
社会保障、社会福祉
現在の研究テーマ
  • 医療介護連携を中核とした地域包括ケアシステムモデルの構築と実践

主な研究業績

【著書】
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
『生活の経営と福祉一生命系文明と生活主体』 単著 2003年2月 朝倉書店  
『医療ソーシャルワーカー新時代』 単著 2005年6月 勁草書房  
『地域福祉分析論』 共著 2005年9月 学文社  
『ピープルズセキュリティ-住民がつくるコミュニティの生活安全保障システム』 単著 2006年5月 ふくろう出版  
『福祉社会の多面的理解―理論とソーシャルワーカー実践―』 共著 2006年6月 宇部フロンティア大学出版会  
『在宅医療ソーシャルワーク』 共著 2007年6月 勁草書房  
『介護のしくみ』 単著 2007年12月 日本実業出版社  
『在宅医療福祉システム』 共著 2008年6月 城西国際大学出版会  
社会調査の基礎 共著 2009年5月 久美出版  
『地域福祉の理論と実践』 共著 2009年7月 久美出版  
『社会調査の基礎』 共著 2011年10月 久美出版(第2版)  
『地域福祉の理論と方法』   共著 2012年1月 久美出版(第2版)  
『国際高齢者ケア』 共著 2012年3月 城西国際大学出版会  
【学術論文】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
1.転勤族の妻たちが考えるシルバー世代
(査読付)
単著 1997年12月 (財)シニアプラン開発機構『厚生金基金』1997年度シニアプラン公募研究年報  
2.高齢社会における動き方―向老学的ライフデザイン―(査読付) 単著 1999年3月 北九州女性センター・マーブ叢書
『gender1998・仕事・女・男』
 
3.住民主体型在宅福祉サービス ―ジェンダ―構造から見る福祉社会の女性役割―(査読付) 単著 2000年6月 日本地域福祉学会紀要 『日本地域福祉』第13巻  
4.主婦たちの地域生活―各主体のエンパワメントと地域変容―(査読付) 単著 2001年3月 奈良女子大学家政学会『家政学研究』Vol.47,No.1  
5.主婦の自主活動 -生協活動、福祉NPOそして地域づくりへ―(査読付) 単著 2001年3月 日本家政学会生活経営部会
『生活経営学研究』No. 36
 
6.主婦の主体形成による地域づくり―システム変容に向けてのエンパワメント(査読付) 単著 2001年3月 奈良女子大学社会研究会『社会学論集』第14巻  
7.単身高齢者の生活支援と親族ネットワーク
(査読付)
単著 2001年6月 日本地域福祉学会紀要『日本地域福祉』第14巻  
8.主婦による草の根の地域活動
(査読付)
単著 2001年7月 日本向老学会誌『向老学研考』Vol.1  
9.単身高齢者の生活支援ネットワーク地域共同体
(査読付)
単著 2001年9月 日本生活学会『生活学論叢』 Vol.6  
10.旧ニュータウンにおける単身高齢者の生活支援-昭和40年代の新興住宅地における高齢者の事例をとおして―
(査読付)
単著 2001年12月 愛知学泉大学・愛知学泉短期大学
『研究論集36』
 
11.これからの福祉社会に求められる社協像―コミュニティを担う―主体としての役割について―
(査読付)
単著 2002年3月 愛知学泉大学コミュニティ政策研究所
『コミュニティ政策研究』第5号
 
12.コミュニティの福祉化と社会福祉協議会
(査読付)
単著 2002年12月 愛知学泉大学・愛知学泉短期大学
『研究論集37』
 
13.総合的地域福祉づくり社会福祉協議会― 愛知県内の市町村社協における事例より―
(査読付)
単著 2003年1月 ソーシャルワーク研究所 『ソーシャルワーク研究』Vol.28,No.4  
14.主婦たちの福祉NPO-地域活動から地域づくり―
(査読付)
単著 2003年3月 奈良女子大学家政学会 『家政学研究』Vol.49, No.2  
15.地域社会における自立支援システムについて
(査読付)
単著 2003年3月 奈良女子大学社会学研究会『社会学論集11』  
16.地域社会における自立と共同協助システム(Cooperative Support System)の在り方
(査読付)
単著 2003年3月 奈良女子大学社会学研究会『社会学論集11  
17.都市型高齢コミュニティーニュータウンの高齢化と新しい地域福祉システムの形成―(査読付) 単著 2003年6月 愛知学泉大学コミュニティ政策研究所
『コミュニティ政策研究』第6号
 
18.地域における保健・医療・福祉の連携  システム(査読付) 単著 2005年6月 中四国介護福祉学会 『介護福祉研究』第13巻第1号  
19.地域社会における保健医療および福祉の サービス連携システム―山口県宇部市の事例―(査読付) 単著 2006年2月 宇部フロンティア大学附属地域研究所年報 No.2  
20.イギリスにおける医療・福祉システム―NHSおよび地域ケア改革による現状と問題点―(査読付) 単著 2006年2月 宇部フロンティア大学附属地域研究所年報 No.2  
21.コミュニティ福祉における住民の主体形 成および環境改善への関与―ライフの質的向上とコミュニティ環境マネジメントの位階的モデルから―(査読付) 単著 2006年3月 日本家政学会生活経営部会
『生活経営学研究』No.41
 
22.住民主体による地域社会の生活安全保障システムの構築 単著 2006年3月 奈良女子大学大学院
人間文化研究科(博士論文)
 
23.高齢者の介護予防を促進擦る生活環境条 件に付いて―地域社会で健やかに安心して暮らしていくための条件-
(査読付)
単著 2006年6月 中四国介護福祉学会
『介護福祉研究』第14巻第1号
 
24.利用者調査から見た「期待される介護職員像」について(査読付) 単著 2007年3月 宇部フロンティア大学附属地域研究所年報 No.2  
25.住民主体によるコミュニティの生活安全保障システムの構築―地域社会における住民自治の可能性と保健・医療・福祉サービスの連携について―(査読付) 単著 2007年6月 中日韓文化教育研究フォーラム紀要
『第4回研究論文集』
 
26.これからの介護福祉社会士養成における課題と展望―「期待される介護職員像」調査の分析から―(査読付) 単著 2007年6月 中四国介護福祉学会
『介護福祉研究』第15巻第1号
 
27.在宅医療の実践事例に関する調査研究 共著 2007年10月 在宅医療研究助成勇美記念財団2006年度前期報告書  
28.「地域医療福祉システム」構築に求められる専門職について―沖縄県沖縄市・新垣病院の在宅医療促進に取り組むPSWの事例から―(査読付) 単著 2008年3月 城西国際大学紀要 第16巻第3号  
29.医療過疎地域における在宅医療福祉システムの構築 単著 2008年4月 在宅医療研究助成勇美記念財団2007年度後期報告書  
30.地域における医療福祉連携のシステム構築(査読付) 単著 2009年3月 城西国際大学紀要第17巻 福祉総合学部  
31.ALS患者の在宅生活支援からみる地域医療福祉連携(査読付) 単著 2010年3月 城西国際大学紀要第18巻 第3号  
32.地域における医療福祉連携と介護福祉
(査読付)
単著 2010年8月 日本介護福祉教育学会『介護福祉教育』No.29  
33.日本におけるフィリピン人介護職の受け入れに関する現状
(査読付)
単著 2011年3月 城西国際大学紀要
第19巻第3号
福祉総合学部
 
34.国際高齢者ケア 単著 2012年2月 2011年度文部科学省学
生支援推進事業報告書
 
35.International Standards of Elder Care and Professional
Training Program
(高齢者ケアの国
際基準とケア専門職養成プログラム)
単著 2012年2月 The reports for the
FY2009 Program for
Promoting Student
Support (Good Practice
Program) funded by the
Ministry of Education,
Culture, Sports,
Science and Technology
(MEXT).
 
36.在宅ケアを担う専門職養成について(査読付) 単著 2012年3月 城西国際大学福祉紀要
第20巻第3号
福祉総合学部
 
37.中国における高齢者介護サービスの現状と課題
(査読付)
単著 2013年3月 城西国際大学福祉紀要
第21巻第3号
福祉総合学部
 
38.国際高齢者ケア基準と専門職養成プログラムの検討 単著 2013年4月 (財)ファイザーヘルスリサーチ振興財団研究助成  
39.東アジアの人口高齢化にともなう課題と対策 単著 2013年11月 (財)ファイザーヘルスリサーチ振興財団研究助成  
40.これからの東アジア諸国における高齢者ケアについて(査読付) 単著 2014年3月 城西国際大学福祉紀要
第21巻第3号 福祉総合学部
 
41.自治体における地域包括ケアシステムの構築
(査読付)  
単著 2015年3月 城西国際大学福祉紀要
第22巻第3号 福祉総合学部
 
42.日本における外国人介護労働者に関する政策と今後の方向性
(査読付)
単著 2016年3月   城西国際大学福祉紀要 第23巻第3号 福祉総合学部  
43.自治体における地域包括ケアシステムの構築-介護予防・日常生活支援事業」における住民主体型事業モデル(千葉県大網白里市)-(査読付) 単著 2017年3月 城西国際大学福祉紀要 第24巻第3号 福祉総合学部  
44.医療と介護に関する社会保障-2018年度医療法・介護保険法同時改正について- 単著 2018年3月 城西国際大学福祉紀要 第25巻第3号 福祉総合学部  
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
1.女性のエンパワーメント―市民と行政のパートナーシップ形成 1997年5月 関西社会学会 第41回大会『組織・運動』部会
(於 金城学院大学)
 
2.女性政策と草の根の女性の活動―そのパートナーシップを求める 1997年10月 三重大学地域共同研究センター第5回研究報告会  
3.地域福祉における高齢者問題と女性 1998年3月 三重大学地域共同研究センター第6回研究報告会  
4.高齢社会と地域ネットワーク―在宅福祉におけるNPOと女性- 1998年5月 関西社会学会 第42回大会
(於 甲南大学)
 
5.地域福祉における在宅ネットワークシステム―在宅福祉における地域ネットワークと女性 1998年6月 日本地域福祉学会第12回大会
(於 広島女子大学)
 
6.福祉分野における進路状況の実態―養成・雇用および社会的地位― 1998年11月 日本進路指導学会第20回大会
(於 東海学園大学)
 
7.単身高齢者の生活支援ネットワークと地域共同体―2つの地域の事例をとおして― 2000年10月 日本生活学会第27回研究発表
(於 滋賀県立大学)日本生活学会『生活学論叢』Vol.6に掲載。(学術論文)
 
8.高齢コミュニティにおける新しい地域福祉システムの形成 2002年10月 日本生活学会第29回研究発表
(於 実践女子短期大学)日本生活学会『生活学論叢』Vol.8に投稿
 
9.都市型高齢コミュニティにおける地域福祉システム 2003年6月 日本地域福祉学会第17回大会
(於 高知女子大学)
 
10.新時代に求められる医療ソーシャルワーカー像 2005年10月 日本社会福祉学会第53回大会
(於 東北福祉大学)
 
11.高齢問題に対応する地域コミュニティ組織の再構築―日本と中国の比較から― 2006年9月 中日文化教育フォーラム
(於 中国・大連外国語大学)
 
12.介護保険割度見直しに伴うホームヘルプサービスの課題と将来性について 2006年10月 日本社会福祉学会第54回全国大会
(於 立教大学)
 
13.高齢者の生活支援とケアマネジメント 2007年9月 日本ケアマネジメント学会第5回大会
(於 幕張メッセ)
 
14.介護保険体制における介護職員のキャリアと社会的地 2008年10 月 日本社会福祉学会第56回大会  
15.難病患者の生活支援と介護専門職の役割 2009年9月 日本介護福祉教育学会第16回大会
(於 金城大学)
 
16.国際介護基準と介護専門職養成プログラムの開発 2010年10月 日本社会福祉学会第58回大会
(於 日本福祉大学)
 
17.介護専門職の社会的地位の向上に向けた国際介護基準および養成プログラムの開発 2011年5月 日本社会福祉学会第59回 春季大会
(於 東洋大学)
 
18.高齢者ケア等にかかわる福祉・介護専門職の社会的地位の向上について 2011年10月 日本社会福祉学会第59回
秋季大会
 
19.東日本大震災における対策事例に学ぶ 2012年5月 東北大学地域研究会  
20.中国の高齢者サービスに関する現状 2013年10月 保健福祉学会第13回大会  
21.医療介護の質的向上に資する国際基準と専門職養成プログラムの開発 2013年11月 第20回ヘルスリサーチフォーラム
(財)ファイザーヘルスリサーチ振興財団
 
22.地域包括ケアシステムの構築-自治体の取り組み方 2014年7月 奈良女子大学人間文化研究科夏期研究会  

主な教育上の業績

【大学教育の改善に関する活動】
活動事項 単・共 の別 年  月 備考
文部科学省学生支援推進(GP)事業) 2009年度
~2011年度
事業の企画運営責任者
3学部(看護学部、薬学部、福祉総合学部)
合同授業カリキュラムの企画運営及び授業評価
2011年~2018年 事業の企画運営責任者
【作成した教科書】
教科書名(対象講義名) 単・共
の別
年月 備考
1.『地域福祉分析論』(地域福祉論) 共著 2005年9月 学文社
2.『ピープルズ・セキュリティ-住民がつくるコミュニティの生活安全保障システム』(地域包括ケアシステムと社会保障) 単著 2006年5月 ふくろう出版
3.在宅医療ソーシャルワーク(医療ソーシャルワーク論) 共著 2007年6月 勁草書房
4.介護のしくみ(介護福祉論) 単著 2007年12月 日本美術業出版社
5.社会調査の基礎(社会調査法) 共著 2009年5月
2011年10月
(第2版)
久美出版
6.地域福祉の理論と実践(地域福祉論) 共著 2009年7月
2012年1月
(第2版)
久美出版
7.国際高齢者ケア(高齢者福祉論) 共著 2012年3月 城西国際大学

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
(1)小学校教論1級普通免許 1975年3月 愛知県教育委員会 昭和49小1普第1163号  
(2)中学校教論(家庭)普通1級免許 1975年3月 愛知県教育委員会 昭和49中1普第2849号  
(3)高等学校教論(家庭)普通2級免許 1975年3月 愛知県教育委員会 昭和49高普第3713号  
【社会的活動等】
活動事項 年月 活動機関 備考
千葉県障害者施策推進協議会委員長 2015年6月~ 千葉県  
社会保障審議会介護保険部会委員 2017年3月~ 厚生労働省  
社会保障審議会介護保険給付分科会委員 2017年3月~ 厚生労働省  
高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施に関する有識者会議委員 2018年7月~ 厚生労働省  
介護老人福祉施設における安全衛生管理体制の在り方についての調査研究会委員 2018年9月~ 厚生労働省  

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 みんなの認知症情報学会、地域医療福祉情報連携協議会

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
愛知学泉短期大学講師 2000年4月~2003年3月  
宇部フロンティア大学人間社会学部助教授 2003年4月~2007年3月  
城西国際大学福祉総合学部教授 2007年4月~2018年3月  

科学研究費等外部資金導入実績

名称 題名 年月 機関名 備考
勇美記念財団在宅医療研究助成研究 医療ソーシャルワーカーの役割と機能 2005年 勇美記念財団  
勇美記念財団在宅医療研究助成研究 在宅医療の実践事例研究 2006年 勇美記念財団  
勇美記念財団在宅医療研究助成研究 医療過疎地域における在宅医療福祉システムの構築 2007年 勇美記念財団  
文部科学省学生支援推進(GP)事業) 介護専門職の就労促進に資する国際基準と養成プログラムの開発 2009年~2011年 文部科学省  
ファイザーヘルスリサーチ国際共同研究助成 国際介護基準と介護専門職養成プログラムの開発 2011年~2013年 ファイザーヘルスリサーチ振興財団  
三菱財団研究助成(社会福祉事業・研究助成) 自治体における地域包括ケアシステムの構築 2015年~
2017年
三菱財団  

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
社会保障論(看護学部、管理栄養学部)、社会福祉論(看護学部、ヒューマンケア学部)、医療福祉論(管理栄養学部)
【授業の改善と工夫】
看護師、管理栄養士、保育士、教諭など、目指す資格は異なっていても、どれも ‟ ひと ” を対象としています。‟ ひと ” の人生に寄り添う仕事であるということについて、学生の皆さんに考えてもらい、心で感じ取ってもらえるような授業の方法を工夫したいと考えています。キーワードは、「参加」と「交流」、そして「思考」です。

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る