HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 看護学部 教授
ふりがな すがぬま のぶひこ
教員氏名 菅沼 信彦
英語表記 Nobuhiko Suganuma
生年 1952年9月2日
学歴 名古屋大学(1978年卒)
学位 博士(医学)[名古屋大学]
現在の研究分野
(最大5つまで)
産婦人科学、生殖医学、女性内分泌学、性科学、臨床看護学
現在の研究テーマ 生殖補助医療、生殖看護学

主な研究業績

【著書】
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
産婦人科文献レビュー2011 2011年 総合医学社  
卵子学 2011年 京都大学学術出版会  
生殖医療の必修知識 2014年 杏林社  
産婦人科疾患 最新の治療 2013-2015 2013年 南江堂  
わかりやすい内科学 第4版 2014年 文光堂  
慶應義塾大学医学部 生命倫理セミナー 4 2015年 慶應義塾大学出版会  
図説よくわかる臨床不妊症学[一般不妊治療編]改訂3版 2016年 中外医学社  
生殖医療の必修知識2017 2017年 杏林社  
セックス・セラピー入門 2018年 金原出版  
新体系 看護学全書
マタニティサイクルにおける母子の健康と看護
2019年 メヂカルフレンド社  
【学術論文】
題名 単・共
の別
発行日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
Yamaguchi K,
Suganuma N,Ohashi K:
Prevention of striae gravidarum and quality of life among pregnant Japanese women.
2014年 Midwifery, 30: 595-599  
Mak KK, Watanabe H,
Nomachi S, Suganuma N:
Nutritional epidemiology of antenatal smoking cessation among Japanese women.
2016年 Nutrition and Cancer, 6: 26162  
Suganuma N,Hayashi A,
Kisu I, Banno K, Hara H,
Mihara M:
Uterus transplantation -Toward clinical application in Japan.
2017年 Reprod Med Biol 16: 305-313  
Yoshikawa Y, Uchida J,
Akazawa C, Suganuma N:
Associations between physical and psychosocial factors and health-related quality of life in women who gave birth after a kidney transplant.
2018年 Int J Womens Health, 10: 299-307  
Hayashi A, Oguchi H,
Kozawa Y, Ban Y,
Shinoda J, Suganuma N:
Daily walking is effective for the management of pregnant women with gestational diabetes mellitus.
2018年 J Obstet Gynaecol Res, 44: 1731-1738  
Yonezawa K, Ohhashi K,
Nakatsuka M, Tamakoshi K,
Suganuma N:
Survey of current status for Kampo education to nursing students at public universities and colleges in Japan.
2018年 Clinics Mother Child Health: 15 (doi: 10.4172/2090-7214.1000307)  
Saotome TT,
Yonezawa K,Suganuma N:
Sexual dysfunction and satisfaction in Japanese couples during pregnancy and postpartum.
2018年 Sex Med 6: 348-355, 2018  
Yoshikawa Y, Uchida J,
Akazawa C,Suganuma N:
Outcomes of and perspectives on pregnancy counseling among kidney transplant recipients.
2019年 Transplantation Reports, 2019 Feb 26 (doi: 10.1016/j.tpr.2019.100019)  
Yoshikawa Y, Kosoku A,
Uchida J, Akazawa C,
Suganuma N:
Childbirth and care difficulties of female kidney transplantation recipients.
2019年 Transplantation Proceedings 51: 1415-1419  
Yoshikawa Y, Uchida J,
Kosaku A, Akazawa C,
Suganuma N:
Pregnancy counseling for kidney transplamt recipients.
2020年 Clinics Mother Child Health: 17 (doi: 10.35248/2090-7214.20.17.341)  
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発表日 発行学会等の名称
備考
Suganuma N:
Treatment and management for disorder of sex development (intersex).
2017年6月 Fertility Society of Republic of China(FSROC)2017, Taipei, ROC  
Hayashi A, Suganuma N:
Effects of daily walking for perinatal care of pregnant women with gestational diabetes mellitus.
2017年6月 The 31st International Confederation of Midwives Triennial Congress, Tronto, Canada  
Suganuma N:
Ethics and regulations of uterus transplantation - Japanese perspectives.
2017年9月 1st Congress of International Society for Uterus Transplantation (ISUTx), Gothenburg, Sweden  
Hayashi A, Kozawa Y,
Ban Y, Shinoda J, Oguchi H,
Suganuma N:
Relationship between depressive symptoms and dietary intake among women with gestational diabetes mellitus in the scond trimester.
2018年1月 The 21st East Asian Forum of Nursing Scholars/ 11th International Nursing Conference, Seoul, Korea  
Suganuma N:
Uterus transplantation: Present and future.
2018年2月 3rd Upper Egypt Assisted Reproductive Conference (UEARS), Cairo, Egypt  
Suganuma N, Hayashi A:
Management for women with PCOS prior to desiring pregnancy.
2018年6月 4th World Congress on Polycystic Ovarian Syndrome, London, UK  
Hayashi A, Suganuma N:
Opinion survey of people with gender identity disorder (female-to-male) as a donor for UTx.
2018年10月 The 1st State-of-the-Art Meeting of the ISUTx, Ghent, Belgium  
Hayashi A, Kanasaki A,
Saotome T, Mihara M,
Hashimoto H, Watanabe H,
Suganuma N:
Relationship between epidural analgesia for vaginal delivery and satisfaction of childbirth in women who have the strong fear for delivery.
2019年1月 22nd East Asian Forum of Nursing Scholars, Singapore, Singapore  
Suganuma N:
Ethics and regulations of uterus transplantation - Japanese perspectives.
2019年7月 The 10th Korea-Japan ART Conference, Pyeong Chan, South Korea  
Suganuma N, Hayashi A,
Komoda A, Harima K:
Opinion survey of female-to-male persons with gender dysphoria as a donor for uterus transplantation.
2019年10月 24th Congress of World Association for Sexual Health, Mexico City, Mexico  

主な教育上の業績

【作成した教科書】
教科書名(対象講義名) 単・共
の別
年月 備考
新体系 看護学全書 母性看護学② マタニティサイクルにおける母子の健康と看護(母性看護学概論) 2019年  

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
医師免許 1978年5月    
母体保護法指定医 1981年8月    
産婦人科専門医 1987年10月 日本産科婦人科学会  
生殖医療専門医 2006年1月 日本生殖医学会  
内分泌代謝科(産婦人科)
指導医・専門医
2008年4月 日本内分泌学会  
セックス・セラピスト 2014年12月 日本性科学会  
【社会的活動等】
活動事項 期間(年月) 活動機関 備考
2019年度名古屋学芸大学市民公開講座 女性の病気と健康維持 2019年12月    

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本産科婦人科学会、東海産科婦人科学会、日本産科婦人科学会愛知地方部会、日本母性衛生学会、愛知母性衛生学会、日本内分泌学会、日本生殖医学会、日本受精着床学会、日本性科学会、日本IVF学会、日本子宮移植研究会、日本生殖心理学会、東海不妊内分泌研究会、看護学系漢方教育研究会、ターナー症候群西日本ネットワーク、International Society for Uterus Transplantation
【所属学会役員歴等】
学会及び役員名 年月期間(年月) 備考
日本母性衛生学会(常務理事)    
日本内分泌学会(功労評議員)    
日本生殖医学会(代議員、功労会員)    
日本受精着床学会(理事)    
日本性科学会(常務理事)    
日本IVF学会(監事・理事)    
日本子宮移植研究会(理事長)    
日本生殖心理学会(監事)    
東海不妊内分泌研究会(世話人)    
看護学系漢方教育研究会(代表世話人)    
ターナー症候群西日本ネットワーク(世話人)    
International Society for Uterus Transplantation (Vice President)    

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
三菱名古屋病院 1978年5月〜1981年7月  
名古屋大学医学部 1981年8月〜1999年6月  
豊橋市民病院 1999年6月〜2005年10月  
京都大学医学部 2005年11月〜2018年3月  
名古屋学芸大学看護学部 教授 2018年4月〜現在に至る  

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
第16回日本内分泌学会研究奨励賞受賞 1996年7月  

科学研究費等外部資金導入実績

名称 題名 年月 機関名 備考
挑戦的萌芽研究 妊娠糖尿病妊婦に運動療法は効果的か? 2013月〜2014年 科研費  
基盤研究(B) 産後精神障害への一次予防:帝王切開のトラウマ体験を未然に防ぐ産前教育の開発と検証 2015月〜2017年 科研費  
挑戦的萌芽研究 「子宮移植」の臨床適用に対する社会的コンセンサスの構築に向けて 2015月〜2017年 科研費  
基盤研究(B) 妊娠糖尿病既往女性の産後の継続支援プログラムの構築 2017月〜2019年 科研費  
基盤研究(B) 配偶子凍結保存の増加と「ライフプラン」「ジェンダー観」の変化に関する学際的研究 2017月〜2020年 科研費  
基盤研究(C) 長期フォローアップ外来における小児がん経験者の卵巣ならびに性機能の解析 2018月〜2020年 科研費  
自由研究補助金 生殖補助医療に対するターナー症候群患者の意識調査 2018年 成長科学協会  

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
性差の科学、母性看護学概論、母性看護学実践論3、看護研究I(看護学部)
周産期医学I、生殖医学・遺伝学(別科助産学)
【授業の改善と工夫】
学生の意向を受けた、リモート授業の検討(Zoom録画、リアルタイムZoom、Google Drive等)

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る