HOME

名古屋学芸大学の紹介

  • TOP
  • News INDEX
  • 新型コロナウイルス感染予防の注意喚起について(再度)

News

2022.01.14更新

 新型コロナウイルス感染予防の注意喚起について(再度)

2022年1月14日

本学学生、大学院生、教職員の皆さん

名古屋学芸大学
学長 杉浦康夫

 この1週間、新型コロナウイルスオミクロン株の感染が急激に増加しております。年末年始の行動の結果であるとはいえ、その増加は従来のコロナウイルス株で想像される感染状況を超えたものがあります。

 本学でも年明け以来数名の感染者とそれを超える濃厚接触者が出ており、その感染源は特定できない上に、家族感染からの濃厚接触者が数多く見られる状況です。

 学期末とはいえこの感染拡大は予断を許さない状況にあります。先に副学長名で全学生諸君に出したポータルメッセージの感染対策に加え、感染リスクの高い場所への立ち入り、感染リスクが高い行動をとらない等、再度注意を喚起します。

 併せて1月8日に愛知県全域に発出された「『警戒領域』での感染防止対策」についても参照してください。
とりわけ1ヶ月後に国家試験を控える学生諸君においては、感染に十分な注意を払い、感染対策を十分に考えた行動をとり、万全な体制をとって試験に臨んで頂くことを願うとともに、保護者の皆様にも格段のご支援、ご協力をお願いいたします。

※愛知県は、1月8日に発出した「警戒領域」を1月15日に「厳重警戒」に変更しました。

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る