HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学における公的研究費の管理・監査体制

名古屋学芸大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(2007年2月15日文部科学大臣決定、2014年2月18日改正)に基づき、公的研究費の不正使用を防止し、適正な運営・管理のための体制整備を進めています。

名古屋学芸大学における公的研究費の適性な運営・管理の基本方針

1. 機関内の責任体系の明確化

公的研究費の運営・管理に関わる者の責任体系を明確化し、公的研究費の適正な運営・管理のための体制を構築しています。

2. 適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

(1)ルールの明確化、統一化

  • 競争的資金等に係る経費執行ルールを規定し、研究者に対して周知しています。
  • また、競争的資金等の使用に関するルール等について、事務局総務課が窓口となり、機関内外からの相談を受け付けています。

(2)職務権限の明確化

競争的資金等の事務処理に関する職務分掌及び職務権限を定め、競争的資金等を執行する研究者に対して周知しています。

(3)関係者の意識向上

  • 「名古屋学芸大学における公的研究費の適正使用に関する行動規範」を定めています。
  • また、公的研究費の運営・管理に関わる全ての構成員に対してコンプライアンス教育を実施し、遵守事項等の意識付けを図るために誓約書の提出を求めています。

(4)告発等の取扱い、調査及び懲戒に関する規程の整備及び運用の透明化

  • 機関内外からの告発等を受け付ける通報窓口を設置しています。
  • 告発等があった場合の手続きについては、「名古屋学芸大学における公的研究費の運営・管理に関わる規程」及び「名古屋学芸大学における公的研究費の不正使用に関する告発等手続き要項」に基づき、適切かつ迅速に対処することとしています。

3.不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

最高管理責任者のもとに「不正防止計画推進委員会」を設置し、不正防止計画を策定・実施し、内部監査部門と連携して、公的研究費の適正な執行及び不正発生要因の把握に努めています。

4.研究費の適正な運営・管理活動

  • 研究費を適正に運営・管理するため、研究者向けの「競争的資金執行の手引き」を作成し、競争的資金等を執行する研究者に周知しています。
  • 取引業者に対して、一定の取引実績等を考慮した上で誓約書の提出を求めています。
  • 不正な取引に関与した業者に対して、取引停止などの処分方針を定めています。

5.情報発信・共有化の推進

競争的資金等の使用に関するルール等について、事務局総務課が窓口となり、機関内外からの相談を受け付けています。

6. モニタリングの在り方

内部監査部門を法人事務局企画調査課に置き、モニタリング及び内部監査を行っています。
内部監査部門の監査に対して、公認会計士及び監事による監査を受けています。

参考

 

 

このページのトップへ戻る