HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 ヒューマンケア学部 子どもケア学科 兼 大学院子どもケア研究科 教授
ふりがな ちかもり けいこ
教員氏名 近森 けいこ
英語表記 Keiko Chikamori
生年 1963年
学歴 神戸大学 発達科学部 人間発達科学科 卒業(1999年)
神戸大学大学院 総合人間科学研究科 人間発達科学専攻 博士前期課程修了(2001年)
神戸大学大学院 総合人間科学研究科 人間形成科学専攻 博士後期課程修了(2005年)
学位 学士(発達科学)[神戸大学](1999年)
修士(学術)[神戸大学](2001年)
博士(学術)[神戸大学](2005年)
現在の研究分野
(最大5つまで)
総合・新領域系、総合領域、健康・スポーツ科学、応用健康科学
現在の研究テーマ
  • 思春期女子の運動習慣形成プログラムの開発研究
  • 思春期女子の身体活動とボディイメージとの関連

主な研究業績

【著書】
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
リブドラッグフリー
-麻薬・覚せい剤・シンナーから子どもを守る本-
2000年3月 学習研究社  
ライフスキルを育む喫煙防止教育 2000年5月 東山書房  
【学術論文】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
思春期のセルフエスティーム、ストレス対処スキルの発達と喫煙行動との関係 2001年12月 学校保健研究 査読有
思春期のセルフエスティーム、ストレス対処スキルの発達と危険行動との関係 2002年10月 神戸大学発達科学部研究紀要 査読有
思春期のセルフエスティーム、ストレス対処スキルと運動習慣との関係 2003年10月 学校保健研究 査読有
運動習慣に関する文献研究
-思春期女子の運動習慣形成要因の検討-
2004年3月 関西女子短期大学紀要 査読有
思春期のセルフエスティーム ストレス対処スキルと運動習慣との関係
-6年間の縦断調査の結果より-
2005年4月 学校保健研究 査読有
ライフスキル形成を基礎とする性教育プログラムの開発
-青少年のライフスキルと性行動の実態に関する調査結果から-
2003年8月 日本性教育協会
第11回学術研究補助金対象研究
査読有
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
思春期のセルフエスティームおよびストレス対処スキルと運動習慣との関係
-6年間の縦断調査の結果より-
(ポスター発表)
2004年11月 第51回日本学校保健学会  
中学生の運動習慣形成の関連要因についての横断研究(ポスター発表) 2005年10月 第52回日本学校保健学会  
我が国における性にかかわる危険行動防止に関する実践例の分析-西オーストラリア州のプログラムの比較検討-
(ポスター発表)
2006年11月 第53回日本学校保健学会  
中学生の性行動の関連要因
(ポスター発表)
2006年11月 第53回日本学校保健学会  
日本の青少年の性行動の背景要因
(ポスター発表)
2006年11月 第53回日本学校保健学会  
米国の包括的セクシュアリティ教育の内容の最新化
(ポスター発表)
2006年11月 第53回日本学校保健学会  

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
養護教諭一種免許状 1990年11月 愛知県教育委員会
平二養一第37号
 
中学校教諭専修免許状(保健) 2001年3月 兵庫県教育委員会
平一二中専第123号
 

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本健康教育学会、日本学校保健学会、日本公衆衛生学会、東海学校保健学会
【所属学会役員歴等】
学会及び役員名 年月期間(年月) 備考
日本学校保健学会 選挙管理委員 2007年3月~2008年2月  

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
愛知県瀬戸市立水南小学校 養護教諭 1984年4月~1987年3月  
愛知県瀬戸市立南山中学校 養護教諭 1987年4月~1995年3月  
関西女子短期大学 保健科 専任講師 2003年4月~2004年3月  
名古屋学芸大学短期大学部 生活科学科 専任講師 2004年4月~2005年3月  
名古屋学芸大学 ヒューマンケア学部 准教授 2005年4月~2017年3月  
名古屋学芸大学大学院 子どもケア研究科 准教授 2011年4月~2017年3月  
名古屋学芸大学 ヒューマンケア学部 教授
名古屋学芸大学大学院 子どもケア研究科 教授
2017年4月~現在に至る  

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
学校保健、学校保健実習、保健科教育法I、保健科教育法II、保健科教育法III、学校健康教育、ゼミナールI、ゼミナールII、卒業研究(ヒューマンケア学部子どもケア学科)
【授業の改善と工夫】
学生が体験できるようにワークショップ形式の授業を展開する。
学校現場で使用されている教科書を使用し、指導案を作成し、学生同士が互いに評価し、教員としての自覚を持たせるとともに、理解度の向上を図る。

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る