HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 メディア造形学部 ファッション造形学科 講師
ふりがな わしづ かのこ
教員氏名 鷲津 かの子
英語表記 Kanoko Washizu
生年 1983年
学歴 名古屋女子大学 家政学部 家政学科 卒業(2006年)
名古屋女子大学大学院 生活学研究科 生活環境専攻 修士課程修了(2008年)
学位 学士(家政学)[名古屋女子大学](2006年)
修士(生活学)[名古屋女子大学](2008年)
現在の研究分野
(最大5つまで)
染色加工、家政・生活学一般、被服心理
現在の研究テーマ
  • アパレル分野における色彩調和の検討
  • ログウッドによるジアセテート繊維の染色
  • 天然染料によるジアセテート繊維の染色

主な研究業績

【著書】
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
被服学事典

2016年10月15日

株式会社朝倉書店  
【学術論文】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
被服地の視覚的温度感に関与する色彩要因の検討(第1報)-水玉模様- 2007年3月 名古屋女子大学紀要

査読無

衣服のスポット汚れの視覚的評価に関する研究 2008年8月 日本繊維製品消費科学会 査読有
雑巾の汚れの目立ち感に関与する色彩要因の検討 2010年3月 日本繊維製品消費科学会 査読有
衣服のスポット汚れの視覚的評価に関する研究(第2報)-スポット汚れの大きさによる評価の差異- 2011年5月 日本繊維製品消費科学会 査読有
若年層の被服素材に対する認知度について 2013年3月 名古屋学芸大学メディア造形学部研究紀要 査読無
服装のディテールとフォーマル性との関係 2013年3月 名古屋学芸大学メディア造形学部研究紀要 査読無
服装色とフォーマル性との関係 2014年3月 名古屋学芸大学メディア造形学部紀要 査読無
ポリエステルの形状固定と染色性を用いたテキスタイル制作 2014年9月 日本繊維製品消費科学会 査読有
ファストファッション製品の使用状況と着用後の処分方法に関する調査 2016年5月 日本繊維製品消費科学会 査読有

シニア世代のスポーツウェアに関する

調査
2017年3月 名古屋学芸大学メディア造形学部研究紀要 査読無

東海地区における大学生の衣生活に関する実態調査

2017年3月 名古屋学芸大学メディア造形学部研究紀要 査読無

天然サポニンの起泡性と人工汚染布の洗浄効果

2018年3月 名古屋学芸大学メディア造形学部研究紀要 査読無

ポリエステルの染色性と熱的特性を活かしたテキスタイルの制作

2019年3月 名古屋学芸大学メディア造形学部研究紀要 査読無

アパレル系大学生の作品制作に活かす天然染料によるジアセテート繊維の染色 -クチナシ、インド茜による染色―

2020年3月 名古屋学芸大学メディア造形学部研究紀要 査読無

ジアセテートに対するログウッド抽出色素の染色挙動

2020年10月 日本繊維製品消費科学会 査読有
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
被服の視覚的温度感に及ぼす色彩とデザイン 2006年3月 日本色彩学会  
被服の視覚的温度感に及ぼす色彩と柄の影響 2006年9月 日本家政学会  
衣服の色彩とスポット汚れとの関係について 2007年6月 日本繊維製品消費科学  
雑巾の汚れの目立ち感に関与する色彩要因の検討 2008年6月 日本繊維製品消費科学会  
衣服のスポット汚れの視覚的評価に関する研究(第2報) -スポット汚れの大きさによる評価の差異- 2009年6月 日本繊維製品消費科学会  
繊維製品の清潔感に関与する色彩要因の検討 2010年6月 日本繊維製品消費科学会  

繊維製品の清潔感に関する色彩要因の検討 第2報 -布地による視覚評価実験―

2011年6月 日本繊維製品消費科学会  
寝具の清潔感に関与する色彩要因の検討(第1報) -日本人女子学生を対象とした調査- 2012年6月 日本繊維製品消費科学会  
年齢に適した服装の色柄要因の年代間の差異 2012年9月 日本家政学会  
服飾デザイン系学生の作品制作に活かす染色加工 2013年5月 日本家政学会  
服装のフォーマル性を規定する色彩・デザイン要因の検討(1) 2013年5月 日本色彩学会  
寝具の清潔感に関与する色彩要因の検討(第2報) -中国人学生と日本人学生の感覚の差異- 2013年6月 日本繊維製品消費科学会  
ポリエステル布の熱セットと染色加工によるテキスタイル制作 2013年6月 日本繊維製品消費科学会  
服装のフォーマル性を規定する色彩・デザイン要因の検討(2) -デザイン画による評価- 2014年5月 日本色彩学会  
ポリエステルの染色性と熱的特性を活かしたテキスタイルの制作 2014年6月 日本繊維製品消費科学会  
マルチデバイス対応型e-ラーニングにおけるアパレルコンテンツの制作と課題 ―ドレーピング実習― 2014年9月 日本家政学会  
ファストファッション製品の使用状況と着用後の処分方法に関する調査 2014年9月 日本家政学会  
黄花コスモスによる染色布の堅牢性とテキスタイル制作への応用 2015年5月 日本家政学会  
ファストファッション製品の使用状況と着用後の処分方法に関する調査(第2報) 2015年6月 日本繊維製品消費科学会  
レディースウェアのフォーマル性に関与する要因について 2015年6月 日本繊維製品消費科学会  
シニア世代のスポーツウェアに関する調査 2015年6月 日本繊維製品消費科学会  
天然サポニンの起泡性と人口汚染布の洗浄効果 2016年5月 日本家政学会  
東海地区における大学生の衣生活に関する実態調査(第1報)-衣服の管理について-

2016年6月

日本繊維製品消費科学会  
東海地区における大学生の衣生活に関する実態調査(第2報)-衣服の補修について- 2016年6月 日本繊維製品消費科学会  
ポリエステルの染色性と熱的特性を活かしたテキスタイルの制作(第2報)-熱転写テキスタイルの染色堅ろう性- 2016年6月 日本繊維製品消費科学会  
アパレル分野における色彩調和の検討(1)-色相の調和範囲- 2018年5月 日本家政学会  
アパレル分野における色彩調和の検討(2)-色票による色相の調和- 2019年5月 日本家政学会  
アパレル分野における色彩調和の検討(3)-トップスとボトムスのカラーコーディネート- 2019年5月 日本家政学会  
ジアセテート繊維のログウッドによる染色挙動 2019年6月 日本繊維製品消費科学会  
セルロース系繊維のログウッドによる染色挙動 2019年9月 日本家政学会  
色彩調和論構築のためのディープラーニング適用の試み-色相の調和- 2020年6月 日本色彩学会  
ジアセテートのログウッドによる染色挙動 2020年6月 日本繊維機械学会  
色彩調和に関与する色差の検討 2021年5月 日本家政学会  

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
カラーコーディネーター1級
(ファッション色彩)
2006年12月 名古屋商工会議所 21-1-00230  
繊維製品品質管理士 2008年11月

社団法人 日本衣料管理協会 第71129号

 

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本繊維製品消費科学会、日本家政学会、日本色彩学会
【所属学会役員歴等】
学会及び役員名 年月期間(年月) 備考
日本色彩学会東海支部 役員 2014年4月~現在に至る  

主な職歴

  
事項 期間(年月) 備考
名古屋学芸大学 メディア造形学部 助手 2008年4月~2014年3月  
名古屋学芸大学 メディア造形学部 助教 2014年4月~現在に至る  
名古屋学芸大学メディア造形学部ファッション造形学科講師 2018年4月~現在に至る 

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
(社)日本繊維製品消費科学会奨励賞 2012年6月  
第57回(一社)日本家政学会中部支部大会  発表奨励賞 2012年9月  

科学研究費等外部資金導入実績

名称 題名 機関名 備考
科学研究費基盤研究(C) 被服教育の質保証を支援するマルチデバイス型e-ランニングシステムの開発 2013年4月~2016年3月 名古屋学芸大学 連携研究者

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
染色加工学(メディア造形学部・ファッション造形学科)
染色加工学実験(メディア造形学部・ファッション造形学科)
テキスタイルケア(メディア造形学部・ファッション造形学科)

テキスタイルケア演習(メディア造形学部・ファッション造形学科)

コンピュータテクスチュア演習(メディア造形学部・ファッション造形学科)

専門ゼミナール(メディア造形学部・ファッション造形学科)

【授業の改善と工夫】

授業アンケートでは、板書が見えにくい部分があるのと指摘があったため、内容によってパワーポイントのスライドや動画を準備して対応している。また、学生の理解度をこまめに把握するため、期末テストだけではなく小テストを複数回実施し、理解度が低い部分については定期的に振り返りを行うようにしている。
演習やゼミでは、既存の方法に縛られることなく、学生の気づきや発見を大切にして、その後のテキスタイル制作へと発展させることができるように心がけている。
また、専門ゼミナールでは地元の産地との連携事業を行っている。現在はウールの産地である尾州とのコラボ企画として、学生が企画した生地を産地で制作する取り組みを行っている。学生が実際に産地を訪れ、イメージが形になる現場を目で見ることで、学修意欲が高まっていることが実感できる。産地で働く職人さんと触れ合う機会も提供し、ものづくりの背景を知ることができるよう心がけている。

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る