HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 看護学部看護学科 准教授
ふりがな みやもと けいこ
教員氏名 宮本 恵子
英語表記 Keiko Miyamoto
生年 1965年
学歴 放送大学 教養学部 発達と教育専攻(1997年)
兵庫県立看護大学大学院修士課程 看護学研究科 看護管理専攻(2001年)
名古屋学芸大学大学院博士後期課程 栄養科学研究科 栄養科学専攻(2019年)
学位 学士(教養)[放送大学]
修士(看護学)[兵庫県立看護大学]
博士(栄養科学)[名古屋学芸大学]
現在の研究分野
(最大5つまで)
国際看護学、国際栄養、看護管理、災害看護
現在の研究テーマ
  • オープンデータベースを用いた疾病構造に関する国際栄養研究
  • 基礎看護学実習における学生の精神健康度

主な研究業績

【著書】
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
看護管理学習テキスト第4巻組織管理論
新たな看護組織のあり方、D国際協力に必要な組織化能力
2004年2月~ 日本看護協会出版会  
【学術論文】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
看護師養成所における国際看護学のカリキュラムデザイン 2016年10月 名古屋医療センター臨床研究事業部NMC紀要2016 査読無
国連食糧農業機関データベース(FAOSTAT)と国民健康・栄養調査―50年間の変動の比較検討― 2017年12月 Nagoya Journal of Nutritional Science, No.3 Page1-10 査読有
Dietary diversity and healthy life expectancy -an international    comparative study 2018年8月 European Journal of Clinical Nutrition, 73(3)395-400 査読有
平均寿命と健康寿命の差の要因に関する国際比較研究 2018年12月 Nagoya Journal of Nutritional Science, No.4 Page1-7 査読有
Mediterranean diet score and incidence of IHD: a global comparative study 2019年6月 Public Health Nutrition 22(8)1444-1450 査読有
Traditional Japanese Diet Score - Association with Obesity, Incidence of    Ischemic Heart Disease, and Healthy Life Expectancy in a Global Comparative Study 2019年8月 The Journal of Nutrition, Health & Aging 23(8)717-724 査読有
野菜類・果実類と鬱病有病率との関連-22年間の縦断的国際比較研究 2019年12月 Nagoya Journal of Nutritional Science, No.5 Page15-22 査読有
乳製品と乳癌との関連-23年間の縦断的国際比較研究 2019年12月 Nagoya Journal of Nutritional Science, No.5 Page22-29 査読有
日本人の健康寿命-Global Burden of Diseaseと国民生活基礎調査による健康寿命の比較研究 2019年12月 名古屋学芸大学健康・栄養研究所 年報 査読有
Association of dietary diversity with the prevalence of depression and suicide: A 26-year global comparative study 2020年12月 Nagoya Journal of Nutritional Science, No.6 Page1-8 査読有
A longitudinal association between the traditional Japanese diet score and incidence and mortality of breast cancer -an ecological study 2021年1月 European Journal of Clinical Nutrition 査読有
Trends in age-standardized prevalence of type 2 diabetes mellitus according to country from 1990 to 2017 and their association with socioeconomic, lifestyle and health indicators: an ecological study 2021年1月 Journal of Global Health, 2021(11)04005 査読有
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
国連食糧農業機関データベース(FAOSTA)と国民健康・栄養調査-50年間の変動の比較検討- 2016年9月 第63回日本栄養改善学会学術総会  
平均寿命と健康寿命の差に関する国際比較研究 2017年3月 第18回日本健康支援学会年次学術大会  
Dietary diversity and health life expectancy -an international comparative study- 2017年8月 The 21st International Epidemiological Association, World Congress of Epidemiology 2017  
食品多様性と健康寿命-20年間の変動の国際栄養研究 2017年9月 第64回日本栄養改善学会学術総会  
地中海食と虚血性心疾患~国際比較研究 2017年11月 第24回日本未病システム学会学術総会  
Traditional Japanese Diet Score -Association with Healthy Life Expectancy by a Global Comparative Study 2018年7月 The 7th Asian Congress of Dietetics Then Rise of Nutrition and Dietetics in Asia  
米供給量と健康寿命との関連-国際比較研究- 2018年9月 第65回日本栄養改善学会学術総会  
国別米供給量と肥満率との関連-国際比較研究- 2018年9月 第65回日本栄養改善学会学術総会  
米供給量と虚血性心疾患発症率との関連-国際比較研究- 2018年9月 第65回日本栄養改善学会学術総会  
魚供給量と虚血性心疾患発症率との関連-国際比較研究- 2018年9月 第65回日本栄養改善学会学術総会  
Dietary diversity, major depression, and suicide rate by a 20-year global comparative study 2019年8月 Asian Congress of Nutrition (ACN)2019  
Traditional Japanese Diet Score, Major Depression, and Suicide Rate by a 20-Years Global Comparative Study 2019年8月 Asian Congress of Nutrition (ACN)2019  
Associations of Rice and Wheat Supply with Suicide and Major Depression-an International Comparative Study 2019年8月 Asian Congress of Nutrition (ACN)2019  
The Association of Fruits and Vegetables with The Risk of Major Depression and Suicide-a Global Comparative Study- 2019年8月 Asian Congress of Nutrition (ACN)2019  
食品多様性と認知症との関連-23年間の国際データによる検討- 2019年9月 第66回日本栄養改善学会学術総会  
和食スコアと健康寿命との関連-23年間の国際データによる検討- 2019年9月 第66回日本栄養改善学会学術総会  
地中海食スコアと健康寿命との関連-23年間の国際データによる検討- 2019年9月 第66回日本栄養改善学会学術総会  
野菜と自殺、鬱病との関連-国際比較研究- 2019年9月 第66回日本栄養改善学会学術総会  
乳製品摂取量と骨密度の関連-23年間の国際データによる検討- 2019年9月 第66回日本栄養改善学会学術総会  
食品供給量と膵炎有病率との関連:国際データによる横断的検討 2019年9月 第66回日本栄養改善学会学術総会  
米供給量と肥満有病率との関連-23年間の国際データによる検討- 2019年9月 第66回日本栄養改善学会学術総会  
Dietary Diversity and Dementia by a 23-year Global Comparative Study 2019年10月 The 11th IAGG Asia /Oceania Regional Congress 2019  
A Global Comparative Study on the Association between Traditional Japanese Diet Score and Health Life Expectancy 2019年10月 The 11th IAGG Asia /Oceania Regional Congress 2019  
The Effects of Mediterranean Diet Score on Healthy Life Expectancy by a 23-year Global Comparative Study 2019年10月 The 11th IAGG Asia /Oceania Regional Congress 2019  
The Association between Dietary Products Intake and Bone Mineral Density for 23years in the World by Global Database 2019年10月 The 11th IAGG Asia /Oceania Regional Congress 2019  
「指導技術」から「学習支援技術」へ-看護における患者教育の変遷をふまえた授業の構築 2019年10月 第73回国立病院総合医学会  
食品多様性と鬱病有病率および自殺との関連-23年間の国際比較研究- 2019年11月 第26回日本未病システム学会学術総会  
米・小麦供給量と自殺・うつ病との関連-23年間の国際比較研究- 2019年11月 第26回日本未病システム学会学術総会  
大豆供給量と鬱病有病率、自殺との関連-23年間の国際比較研究- 2019年11月 第26回日本未病システム学会学術総会  
カルシウム摂取量と虚血性心疾患の発症率および死亡率との関連-27年間の国際比較研究- 2019年11月 第26回日本未病システム学会学術総会  
地中海食スコアと乳がんとの関連-23年間の国際比較研究- 2019年11月 第26回日本未病システム学会学術総会  
和食スコアと鬱病有病率および自殺との関連-23年間の国際比較研究- 2019年11月 第26回日本未病システム学会学術総会  
2型糖尿病有病率と危険因子との関連-23年間の国際比較研究- 2019年11月 第26回日本未病システム学会学術総会  
和食スコアと全癌発症率および死亡率との関連-27年間の国際比較研究 2020年9月 第67回日本栄養改善学会学術総会(誌上開催)  
食塩摂取量と脳卒中発症率との関連:国際データを用いた横断的検討 2020年9月 第67回日本栄養改善学会学術総会(誌上開催)  
食品多様性と鬱病・自殺との関連-26年間の国際比較研究 2020年9月 第67回日本栄養改善学会学術総会(誌上開催)  
米供給量と肥満有病率との関連-27年間の国際データによる検討- 2020年9月 第67回日本栄養改善学会学術総会(誌上開催)  
和食と肥満との関連-27年間の国際比較研究 2020年9月 第67回日本栄養改善学会学術総会(誌上開催)  
地中海食スコアと各食品群摂取量の時代変化-食糧需給データベース(FAOSTAT)のデータを用いて- 2020年9月 第67回日本栄養改善学会学術総会(誌上開催)  
葉酸の摂取量と認知症との関連 27年間の国際比較研究 2020年9月 第67回日本栄養改善学会学術総会(誌上開催)  

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
看護師 1987年4月 厚生労働大臣583177号  
【社会的活動等】
活動事項 年月 活動機関 備考
愛知県専任教員養成講習会 専門領域別看護論 国際看護 講師 2011年10 月~2014年10月 愛知県  
独立行政法人国立病院機構助産師看護師実習指導者講習会 看護教育課程 講師 2014年8月~2019年8月 独立行政法人国立病院機構東海北陸グループ  
独立行政法人国立病院機構東名古屋病院看護職能開発プログラム 役割別研修:
実習指導者研修 講師
2018年5月~2019年5月 独立行政法人国立病院機構東名古屋病院  
日本看護系大学協議会 災害連携教員 2021年4月~ 一般社団法人日本看護系大学協議会 授業に関する実務歴

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護学教育学会、日本災害看護学会、日本栄養改善学会、日本未病システム学会、日本健康支援学会、日本栄養・食糧学会、日本国際保健医療学会

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
国立病院医療センター  1987年4月~1993年9月 手術室、循環器内科病棟
国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課 併任病院看護部 1993年10月~2001年3月 外来、透析室、混合個室病棟
授業に関する実務歴
JICAヴィエトナムチョーライ病院技術協力プロジェクト 1995年8月~1997年2月 長期専門家(看護管理)
ペルー日本大使公邸人質事件対策本部 1997年3月~4月 医療班
JICAボスニア・ヘルツェゴヴィナ国一次医療施設医療器材整備計画基本設計調査 1997年7月 無償資金協力 技術参与
JICAボリビアサンタクルス医療供給システムプロジェクト 1997年11月~1998年1月 短期専門家(手術室看護)
JICAカンボジア母子保健プロジェクト 1998年5月 短期専門家(手術室・ICU看護)
JICAホンジュラス共和国第七衛生地域保健総合開発計画事前調査  1999年2月 調査団員
国立看護大学校 看護学部 講師 2001年4月~2005年3月 国際看護学
福井医科大学・福井大学  非常勤講師 2002年9月~2005年3月 看護学概論(国際看護)
厚生労働省東海北陸厚生局 看護教育指導官 2005年4月~2010年3月  
独立行政法人国立病院機構三重中央医療センター附属三重中央看護学校 教育主事 2010年4月~2015年3月  
独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター附属名古屋看護助産学校 教育主事 2015年4月~2020年3月  
名古屋学芸大学看護学部看護学科 准教授 2020年4月~現在  

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
看護管理、災害看護、統合看護技術論、国際看護学、国際看護学演習、統合実習1、統合実習2、統合実習3、キャリアデザイン、倫理と看護、看護研究1、看護研究2(看護学部看護学科)
【授業の改善と工夫】
学生が主体的に学ぶことができるよう、学生のレディネスに合わせた授業(内容・方法)の工夫を行っている。
2020年度より遠隔授業が導入されているため、課題の時間を確保するなど主体的に学習できるような組み立てにしている。また、フィードバックの内容を全学生に周知したり、ZOOMを用いて他の学生と意見交換したりすることで学びを深めることができるよう努めている。

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る