HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 看護学部看護学科 准教授
ふりがな いしい けんいちろう
教員氏名 石井 健一朗
英語表記 Kenichiro Ishii
生年 1973年
学歴 岐阜薬科大学薬学部厚生薬学科 卒業(1996年)
岐阜薬科大学大学院薬学研究科博士前期課程 修了(1998年)
岐阜薬科大学大学院薬学研究科博士後期課程 修了(2001年)
学位 学士(薬学)[岐阜薬科大学]
修士(薬学)[岐阜薬科大学]
博士(薬学)[岐阜薬科大学]
博士(医学)[三重大学]
現在の研究分野
(最大5つまで)
薬理学、病理学、腫瘍生物学
現在の研究テーマ
  • がん薬物療法における既存医薬品の適応外使用に関する研究(ドラッグ・リポジショニング)
  • 前立腺がん個別化ホルモン療法の開発に関する研究(がん微小環境、細胞間相互作用)

主な研究業績

【著書】
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
前立腺肥大結節の発生・進展における上皮-間質相互作用 2017年4月 Prostate Journal 筆頭著者
リガンド非依存的なアンドロゲン受容体活性化機構の多様性から考える前立腺癌治療の課題と展望 2018年8月 泌尿器外科 筆頭著者
前立腺がん治療反応性に関わる線維芽細胞の多様性 2019年9月 医学のあゆみ  
【学術論文】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
Combination treatment with naftopidil increases the efficacy of radiotherapy in PC-3 human prostate cancer cells 2017年6月 Journal of Cancer Research and Clinical Oncology 査読有
共同筆頭著者
Additive naftopidil treatment synergizes docetaxel-induced apoptosis in human prostate cancer cells 2018年1月 Journal of Cancer Research and Clinical Oncology 査読有
筆頭著者
Role of stromal paracrine signals in proliferative diseases of the aging human prostate 2018年4月 Journal of Clinical Medicine 査読有
筆頭著者
責任著者
Interleukin-6 induces VEGF secretion from prostate cancer cells in a manner independent of androgen receptor activation 2018年8月 Prostate 査読有
筆頭著者
責任著者
Predicting the tumorigenic phenotype of human bladder cancer cells by combining with fetal rat mesenchyme 2018年10月 Urologic Oncology 査読有
共同筆頭著者
Pirfenidone, an anti-fibrotic drug, suppresses the growth of human prostate cancer cells by inducing G1 cell cycle arrest 2019年1月 Journal of Clinical Medicine 査読有
筆頭著者
責任著者
Anti-fibrotic agent pirfenidone suppresses proliferation of human pancreatic cancer cells by inducing G0/G1 cell cycle arrest 2019年1月 Pharmacology 査読有
責任著者
Tyrosine kinase inhibitor therapy prescribed for non-urologic diseases can modify PSA titers in urology patients 2019年2月 Prostate 査読有
国際共同研究
Loss of fibroblast-dependent androgen receptor activation in prostate cancer cells is involved in the mechanism of acquired resistance to castration 2019年9月 Journal of Clinical Medicine 査読有
筆頭著者
責任著者
Cytobiology of human prostate cancer cells and its clinical applications 2019年10月 Journal of Clinical Medicine 査読無
責任著者
Castration-induced stromal remodeling disrupts the reconstituted prostate epithelial structure 2020年5月 Laboratory Investigation 査読有
TDP2 suppresses genomic instability induced by androgens in the epithelial cells of prostate glands 2020年7月 Genes to Cells 査読有
国際共同研究
SOX11-induced decrease in vimentin and an increase in prostate cancer cell migration attributed to cofilin activity 2020年12月 Experimental and Molecular Pathology 査読有
Heterogeneous induction of an invasive phenotype in prostate cancer cells by co-culturing with patient-derived fibroblasts 2021年6月 Journal of Cellular Biochemistry 査読有
筆頭著者
責任著者
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
前立腺間質構造の多様性による前立腺癌不均一性の獲得機構 2017年4月21日~24日 第105回 日本泌尿器科学会総会 筆頭演者
Aberrant activation of androgen-low-sensitive prostate cancer cells-fibroblasts interactions under androgen deprivation 2017年9月28日~30日 第76回 日本癌学会学術総会 筆頭演者
前立腺癌微小環境における細胞間相互作用リガンド非依存的なアンドロゲン受容体活性化機構の多様性から考える前立腺癌治療の課題と展望 2017年12月9日~10日 第33回 前立腺シンポジウム 招請講演
筆頭演者
前立腺癌間質の多様性は前立腺癌不均一性にどう影響するのか 2018年4月19日~22日 第106回 日本泌尿器科学会総会 筆頭演者
Fibroblasts preserve androgen receptor signaling in prostate cancer cells under androgen deprivation 2018年6月21日~23日 第107回 日本病理学会総会 筆頭演者
Recombination with rat fetal mesenchyme to predict tumorigenic phenotype of human bladder cancer cells 2018年6月21日~23日 第107回 日本病理学会総会 筆頭演者
Pirfenidone, an anti-fibrotic agent, inhibits cell growth of human cancer cells by induction of G1 cell-cycle arrest 2018年6月21日~23日 第107回 日本病理学会総会 筆頭演者
前立腺癌微小環境における細胞間相互作用 2018年7月12日~13日 第5回 前立腺生物学シンポジウム 招請講演
筆頭演者
前立腺間質リモデリングは前立腺癌の発生にどう関わるのか 2018年8月29日~31日 第33回 発癌病理研究会 筆頭演者
Characterization of human prostate cancer LNCaP sublines differing in androgen-sensitivity: interactions between cancer cells ad fibroblasts 2018年9月27日~29日 第77回 日本癌学会学術総会 筆頭演者
Loss of fibroblasts-dependent androgen receptor activation in prostate cancer cells develops castration-resistant prostate cancer 2019年3月29日~4月3日 The American Association for Cancer Research (AACR) Annual Meeting 2019 筆頭演者
国際学会
前立腺癌微小環境を標的にした抗線維化薬ピルフェニドンの新規薬理効果 2019年4月18日~21日 第107回 日本泌尿器科学会総会 筆頭演者
Pirfenidone, an anti-fibrotic drug, suppresses the growth of human cancer cells by inducing G1 cell cycle arrest 2019年5月9日~11日 第108回 日本病理学会総会 筆頭演者
Sonic hedgehog-improved prostate stromal structure in the castrated mouse does not suppress the proliferation of basal epithelial cells 2019年9月26日~28日 第78回 日本癌学会学術総会 筆頭演者
Direct contact of heterogeneous fibroblasts with cancer cells regulates the invasive phenotype of prostate cancer cells 2020年4月24日~29日 The American Association for Cancer Research (AACR) Annual Meeting 2020 筆頭演者
国際学会
Progressive prostate cancer LNCaP subclones partially retain regressive communications with patient-derived fibroblasts 2021年4月10日~15日 The American Association for Cancer Research (AACR) Annual Meeting 2021 筆頭演者
国際学会
Prostate cancer subclones partially lose progressive communications with patient-derived fibroblasts 2021年4月22日~24日 第110回 日本病理学会総会 筆頭演者

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
薬剤師免許証 1996年10月 厚生大臣・第317913号  

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本癌学会、日本泌尿器科学会、日本病理学会、日本アンドロロジー学会、環境ホルモン学会、日本ケミカルバイオロジー学会、泌尿器科分子・細胞研究会、American Association for Cancer Research (AACR)、Society for Basic Urologic Research (SBUR)

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
医療法人幸紀会 安江病院 非常勤薬剤師 1996年4月~
2001年8月
授業に関連する実務歴
米国・ヴァンダービルト大学医学部泌尿器外科 博士研究員 2001年9月~
2004年8月
 
三重大学大学院医学系研究科 腎泌尿器外科学 助教 2004年9月~
2009年8月
 
三重大学大学院地域イノベーション学研究科 研究員(研究講師) 2009年9月~
2011年4月
 
三重大学大学院医学系研究科 腫瘍病理学 助教(研究科内講師) 2011年5月~
2021年3月
 
名古屋学芸大学看護学部看護学科 准教授 2021年4月~
現在に至る
 
三重大学大学院医学系研究科 腫瘍病理学 リサーチアソシエイト/客員准教授 2021年4月~
現在に至る
 

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
第12回Society for Basic Urologic Research (SBUR)総会、トラベルアワード 2002年12月 国際学会
第14回SBUR総会、トラベルアワード 2004年12月 国際学会
第16回SBUR総会、トラベルアワード 2006年11月 国際学会
The 2009 American Urological Association (AUA)総会、Best of posters 2009年4月 国際学会
第10回 AKUA (Asahi Kasei pharma Urological Academy) 泌尿器科研究奨励賞 2010年2月  
独立行政法人日本学術振興会 平成28年度科学研究費助成事業審査委員の表彰 2016年9月  
公益財団法人 三重医学研究振興会 緑の風記念三重医学研究振興会賞(基礎医学部門) 2018年12月  

科学研究費等外部資金導入実績

名称 題名 年月 機関名 備考
科学研究費・基盤研究(B) 前立腺の異常増殖機構:ミクロ環境相互作用における多面的分子病態の解析 2003年4月〜2006年3月 三重大学 分担
科学研究費・若手研究(B) 組織組み替え実験による前立腺特異抗原の機能解析 2005年4月〜2007年3月 三重大学 代表
科学研究費・基盤研究(C) 組織組み替え実験による前立腺肥大症の発生メカニズム解析 2006年4月〜2008年3月 三重大学 分担
科学研究費・基盤研究(C) 間質細胞内TGFβ/BMPシグナルに制御される前立腺の異常増殖機構 2007年4月〜2009年3月 三重大学 代表
科学研究費・萌芽研究 前立腺形態発生に関わる腺領域特異的遺伝子の解析 2007年4月〜2009年3月 三重大学 分担
公益財団法人 前立腺研究財団 平成19年度研究助成 前立腺間質、正常および癌細胞間のネットワーク構成の比較 ―前立腺癌フィールドエフェクトの解析― 2007年12月 九州大学 分担
科学研究費・若手研究(B) 癌間質由来KGFを標的とした再燃前立腺癌の新規治療戦略 2009年4月〜2011年3月 三重大学 代表
科学研究費・基盤研究(C) 癌間質による前立腺癌幹細胞ニッチ形成機構の解明:癌間質標的療法へ向けた基礎的研究 2009年4月〜2012年3月 三重大学 分担
科学研究費・基盤研究(C) 細胞外環境による前立腺・膀胱の発生や形態形成の制御機構 2010年4月〜2013年3月 三重大学 分担
公益財団法人 三重県健康管理事業センター 平成22年度がん研究助成金 前立腺肥大症治療薬のオフターゲット効果による泌尿器がん化学予防 2011年3月 三重大学 代表
科学研究費・若手研究(B) 前立腺肥大症治療薬のオフターゲット効果による再燃前立腺癌の新規治療戦略 2011年4月〜2013年3月 三重大学 代表
公益財団法人 三重医学研究振興会 平成23年度三重医学研究振興会助成金 ヒト尿路系組織移植モデルによる薬剤感受性予測システムの構築 2011年12月 三重大学 代表
科学研究費・基盤研究(C) 腫瘍関連マクロファージによる大腸癌の化学療法薬耐性獲得機構の解明 2012年4月〜2015年3月 三重大学 分担
科学研究費・基盤研究(C) 前立腺癌における神経ペプチドMANSERINの機能解 2012年4月〜2015年3月 愛知県がんセンター 分担
科学研究費・基盤研究(C) 細胞競合により制御される前立腺癌間質リモデリングの解明 2013年4月〜2016年3月 三重大学 代表
公益財団法人 岡三加藤文化振興財団 平成25年度助成金 若年性前立腺癌の網羅的遺伝子多型解析 2013年10月 三重大学 代表
科学研究費・基盤研究(C) 前立腺癌間質パネルから紐解くリガンド非依存的なアンドロゲン受容体活性化分子機構 2014年4月〜2017年3月 三重大学 分担
公益財団法人 三重医学研究振興会 平成26年度三重医学研究振興会助成金 三重大学における生体試料カタログデータベースの開発 2014年12月 三重大学 代表
科学研究費・基盤研究(C) 疾患関連リプログラミングによる前立腺癌不均一性の獲得機構 2015年4月〜2018年3月 三重大学 分担
科学研究費・基盤研究(C) 前立腺癌細胞分化の揺らぎによる去勢抵抗性獲得機構 2016年4月〜2019年3月 三重大学 代表
科学研究費・基盤研究(C) 前立腺増殖機構の安定化を目指した間質分化誘導療法の開発 2017年4月〜2020年3月 三重大学 分担
科学研究費・基盤研究(C) 細胞外マトリックス代謝に制御される去勢抵抗性前立腺癌への進展機構 2018年4月〜2021年3月 三重大学 分担
公益財団法人 三重医学研究振興会 平成30年度三重医学研究振興会助成金 前立腺癌微小環境を標的にした前立腺肥大症治療薬ナフトピジルのドラッグ・リポジショニング研究 2018年12月 三重大学 代表
科学研究費・基盤研究(C) がん促進性線維芽細胞由来エクソソームを標的とした前立腺がん新規診断法の開発 2019年4月〜2022年3月 三重大学 代表
科学研究費・基盤研究(C) microRNA発現からみた脂肪細胞の前立腺癌細胞への作用解析とその臨床応用 2019年4月〜2022年3月 三重大学 分担
科学研究費・挑戦的研究(萌芽) 泌尿器腫瘍の診断・治療のための生体膜修飾で拓くナノキャリアのプラットホーム作製 2019年4月〜2022年3月 三重大学 分担
科学研究費・基盤研究(C) 膵癌における一次線毛の機能異常と臨床病理学的特性との連関 2020年4月〜2023年3月 三重大学 分担
公益財団法人 三重県健康管理事業センター 令和2年度学術助成 前立腺がん組織における一次線毛動態を指標にした個別化ホルモン療法の開発 2021年3月 三重大学 代表

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
解剖生理学1・2、栄養代謝学、病理学、薬理学、看護研究2(看護学部・看護学科)
【授業の改善と工夫】
専門基礎科目の講義では、各章の最後に提示する「ポイント」に対して、教科書や講義資料(スライド)を使って、サマリー(まとめ)を作成し、知識を整理するよう指導している。

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る