HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 看護学部看護学科 講師
ふりがな もり きょうこ
教員氏名 森 京子
英語表記 Kyoko Mori
学歴 浜松医科大学 医学部 看護学科 (2003年)
三重県立看護大学大学院 看護学研究科 看護学専攻 修士課程 修了(2010年)
学位 学士(看護学)[浜松医科大学]
修士(看護学)[三重県立看護大学]
現在の研究分野
(最大5つまで)
臨床看護学、地域看護学
現在の研究テーマ
  • 終末期がん患者の意思決定支援に関する研究
  • がん終末期ケアを担う訪問看護師に対する支援に関する研究

主な研究業績

【学術論文】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
在宅緩和ケアへ移行する終末期がん患者の意思決定を支える看護師の援助 2016年3月 四日市看護医療大学紀要 査読有
積極的治療の中止と同時に療養場所を変する終末期がん患者の意思決定を支えるアドボケイトとしての看護実践 2016年5月 ホスピスケアと在宅ケア 査読有
終の棲家に緩和ケア病棟を選択した終末期がん患者に対するアドボケイトとしての看護実践 2016年8月 ホスピスケアと在宅ケア 査読有
臨地実習未経験の看護大学生の血糖自己測定演習における学び 2017年3月 四日市看護医療大学紀要 査読有
講義とシャドウイングを併用したがん終末期看護実習における学生の学び-急性期病院と在宅緩和ケア施設での実習を通して- 2017年4月 日本医学看護学教育学会誌 査読有
病院実習未経験の看護大学生のインスリン自己注射のシミュレーション演習の評価-レポートからの分析- 2017年8月 日本シミュレーション医療教育学会雑誌 査読有
在宅緩和ケアへの移行における看護師の援助-終末期がん患者と家族が体験した困難と安心して移行するために有効であった援助- 2018年3月 日本在宅看護学会誌 査読有
看護大学生に対する清潔間欠自己導尿指導のシミュレーション演習の評価 2018年3月 ヒューマンケア研究学会誌 査読有
臨地実習未経験の看護大学生に事例を用いて講義と組み合わせたシミュレーション演習の効果-潰瘍性大腸炎患者の事例を通して- 2019年3月 日本医学看護学教育学会誌 査読有
独居終末期がん患者が在宅へ療養場所を移行する際に体験した困難 2019年5月 ホスピスケアと在宅ケア 査読有
肝細胞がん終末期患者が在宅緩和ケアへの移行過程において体験した困難 2019年12月 ホスピスケアと在宅ケア 査読有
高齢ストーマ保有者が経験する困難 2019年12月 ホスピスケアと在宅ケア 査読有
がん終末期の高齢者に対する在宅緩和ケアに携わる介護職の困難感 2020年3月 日本看護福祉学会誌 査読有
継続看護実習における看護学生の学習内容の検討 2020年3月 岐阜聖徳学園大学看護学研究誌 査読有
急性期病院の一般病棟看護師による終末期がん患者の療養場所選択の意思決定支援 2020年5月 日本医学看護学教育学会誌 査読有
急性期病院の一般病棟に勤務する大卒新人看護師のがん患者の緩和ケアに関する困難感 2020年12月 看護教育研究学会誌 査読有
がん看護における看護アドボカシーの概念分析 2021年3月 日本がん看護学会誌 査読有
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
病院実習未経験の看護大学生がインスリン自己注射のシミュレーション演習から得た学び 2016年9月 第4回日本シミュレーション医療教育学会学術大会  
血糖自己測定の演習における学生の学び 2016年9月 第21回日本糖尿病教育・看護学会学術集会  
A県内の高齢終末期がん患者の看護において訪問看護師が認識している困難とその要因 2017年2月 第24回日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会  
終末期がん患者が安心して在宅緩和ケアへ移行するための退院支援 2017年2月 第31回日本がん看護学会学術集会  
訪問看護師が認識している高齢終末期がん患者と家族に対する看護における困難さ 2017年2月 第31回日本がん看護学会学術集会  
特別養護老人ホームに勤務する女性介護士が就労を継続するために求める職場の環境 2017年3月 第87回日本衛生学会学術総会  
Discharge Support for End-of-life Cancer Patients and Their Families to Achieve a Smooth Transition to Home Palliative Care With Peace of Mind 2017年8月 The 2nd Asia-Pacific Nursing Research Conference  
高齢終末期がん患者に関わる訪問看護師の困難さ-連携と調整に焦点を当てて- 2017年12月 第37回日本看護科学学会学術集会  
病棟看護師による終末期がん患者の退院支援におけるアドボケイトとしての看護実践 2018年2月 第32回日本がん看護学会学術集会  
ラオス人民民主共和国の首都ビエンチャンにあるA病院でのストーマケアシミュレーション演習の評価 2018年6月 第6回日本シミュレーション医療教育学会学術大会  
病棟看護師による終末期がん患者の療養場所選択の意思決定支援-多職種連携において患者の意思を尊重するための看護実践- 2018年6月 第23回日本緩和医療学会学術大会  
臨地実習未の看護大学生に事例を用いたシミュレーション演習の効果-潰瘍性大腸炎患者の事例- 2018年6月 第6回日本シミュレーション医療教育学会学術大会  
がん患者の緩和ケアに携わる大卒新人看護師の学習ニーズ 2018年8月 第44回日本看護研究学会学術集会  
肝細胞がん終末期患者が在宅緩和ケアへの移行過程において体験した困難 2018年9月 第23回関西がんチーム医療研究会  
高齢2型糖尿病患者に対する薬物療法の自己管理支援に関する文献検討 2018年9月 第23回日本糖尿病教育・看護学会学術集会  
「看護アドボカシー」の概念分析-文献レビュー- 2018年12月 第38回日本看護科学学会学術集会  
看護職者の職業被ばく防護に関する教育プログラム開発のための情報交換と課題の共有 2018年12月 第38回日本看護科学学会学術集会  
急性期病院の一般病棟で緩和ケアに携わる大卒新人看護師の困難 2019年2月 第33回日本がん看護学会学術集会  
高齢がん終末期における在宅緩和ケアに携わる介護職の困難 2019年6月 第24回日本緩和医療学会学術大会  
在宅療養するがん終末期患者に対する栄養サポートの取り組みと課題 2019年7月 第1回日本在宅医療連合学会大会  
ビハーラにて終末期看護実習を行った学生の学びに関する研究 2019年8月 第45回日本看護研究学会学術集会  
在宅緩和ケアにおける介護職を対象としたシミュレーション教育の実践 2019年9月 第25回関西がんチーム医療研究会  
Challenging nutritional support of homecare nurses for terminally ill cancer residents 2020年2月 The 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science  
在宅緩和ケアに携わる介護職を対象としたスキルアップセミナー 2020年2月 第34回日本がん看護学会学術集会  
仏教と医療-現状と課題,人材育成- 2020年9月 2020年度岐阜聖徳学園大学仏教文化研究所国際シンポジウム  
急性期病院の外来におけるがん患者の意思決定支援に関する文献検討 2020年9月 第46回日本看護研究学会学術集会  

主な教育上の業績

【大学教育の改善に関する活動】
活動事項 単・共
の別
年月 備考
学習支援システムMANALOGを活用した事前・事後学習支援に関する取り組み 2018年4月~2021年3月  
ビデオ会議ツールGoogle Meet,メールを活用した研究指導 2018年4月~2021年3月  
ビデオ会議ツールGoogle Meetを活用した看護過程の展開における指導 2020年5月~7月  

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
看護師免許 2003年3月 厚生労働大臣
第1200124号
 
保健師免許  2003年3月 厚生労働大臣
第108662号
 
【社会的活動等】
活動事項 年月 活動機関 備考
「四日市がん看護セミナー」実行委員・講師 2017年7月 四日市がん看護研究会  
「在宅がん看護SIG 事例検討会in四日市」実行委員 2017年11月 日本がん看護学会在宅がん看護SIG  
「岐阜在宅がん緩和ケア研究会セミナー」実行委員・講師 2019年7月 岐阜在宅がん緩和ケア研究会  
教員免許更新講習会 講師  2019年8月 岐阜聖徳学園大学  
「四日市がん看護セミナー」実行委員・講師 2019年12月 四日市がん看護研究会  

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本がん看護学会、日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本在宅看護学会、日本糖尿病看護学会、日本緩和医療学会、日本医学看護学教育学会、看護教育研究学会、日本看護福祉学会、日本シミュレーション医療教育学会、日本ホスピス在宅ケア研究会、日本がんチーム医療研究会、三重看護研究会
【所属学会役員歴等】
学会及び役員名 年月期間(年月) 備考
日本糖尿病教育・看護学会誌編集委員会専任査読者 2018年9月~現在に至る  

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
三重大学医学部付属病院看護師 2003年4月
~2007年3月
授業に関連する実務歴
四日市羽津医療センター看護師 2011年4月
~2014年10月
授業に関連する実務歴
三重県立看護大学看護学部看護学科助手 2007年4月
~2010年3月
 
三重県立看護大学看護学部看護学科助教 2010年4月
~2010年10月
 
四日市看護医療大学看護学部看護学科助教 2015年4月
~2018年3月
 
岐阜聖徳学園大学看護学部看護学科専任講師 2018年4月
~2021年3月
 
名古屋学芸大学看護学部看護学科講師 2021年4月
~現在に至る
 

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
関西がんチーム医療研究会 優秀演題賞 2019年9月  
国際ソロプチミスト浜松 リジョナルプロジェクト大学院女子学生奨励金クラブ賞 2020年7月  

科学研究費等外部資金導入実績

名称 題名 年月 機関名 備考
科学研究費補助金
若手(スタートアップ)
在宅緩和ケアへ移行する終末期がん患者に対するアドボケイトとしての看護実践 2008年
~2009年
三重県立看護大学 研究代表者
科学研究費補助金
基盤研究(C)
ラオスにおけるストーマケアシステムの構築とその評価に関する研究 2017年~ 四日市看護医療大学 研究分担者
科学研究費補助金
若手研究
がん終末期ケアを担う訪問看護師のピアサポートプログラムの開発 2020年~ 岐阜聖徳学園大学 研究代表者
宮崎德子研究奨励金 終末期がん患者が安心して在宅緩和ケアへ移行するための退院支援 2016年 四日市看護医療大学 研究代表者
公益財団法人勇美財団
在宅医療助成(前期)
在宅緩和ケアにおける地域特性に応じた専門職の育成-介護職を対象としたシミュレーション教育を用いた研修の実践と効果 2017年 四日市看護医療大学 研究代表者
公益財団法人太陽生命厚生財団
研究・調査助成
高齢がん終末期療養者の在宅緩和ケアにおける介護職の困難 2017年 四日市看護医療大学 研究代表者
公益財団法人安田記念医学財団
癌看護研究助成
がん終末期患者にインタープロフェッショナルワークを用いた多職種連携システムの構築とその評価 2017年 四日市看護医療大学 研究分担者

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
成人看護学実践論3,成人看護学実習2・3,看護研究2,看護の基礎,基礎看護学実習1(看護学部・看護学科)
【授業の改善と工夫】
学生のレディネスを考慮し,科目の到達目標に到達できるように内容を検討し,事前学修課題,事後学修課題の作成および,講義を行っている.講義では学生が慢性の病と共に生きる患者と家族を捉え,必要な看護を理解しやすいように事例を示しながら進めている.また,単に知識の教授に留まらず,適宜,発問やworkを取り入れ,学生の主体的な授業への参加および,考える力を育むことができるように工夫している.
授業に関する質問に対しては,Moodleを通じて解説を示すと共に,疑問を解決できるように教科書の該当ページや参考資料を紹介している.また,授業に対する意見については,Moodleを通じてをフィードバックしている.

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る