HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 看護学部 教授
ふりがな しらとり さつき
教員氏名 白鳥 さつき
英語表記 SHIRATORI SATSUKI
学歴 長野県看護大学(2007年)
明星大学大学院博士前期課程 人文学研究科 教育学専攻(2002年)
長野県看護大学大学院博士後期課程 看護学研究科 看護教育・管理学専攻(2007年)
学位 学士
修士(教育学)[明星大学]
博士(看護学)[長野県看護大学]
現在の研究分野
(最大5つまで)
医歯薬 看護 基礎看護学領域
現在の研究テーマ
  • 看護職者の労働安全 職業被ばく、抗がん薬曝露の機序の探究と予防に関する研究

主な研究業績

【著書】
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
看考える基礎看護技術
Ⅰ,Ⅱ 第30章
単著 2015年1月 ヌーベルヒロカワ  
医療安全 第7章 医療従事者の安全を脅かすリスクと対策 単著 2020年1月 メディカ出版  
看護学原論 第4章 看護実践における技術 単著 2020年3月 南江堂  
【学術論文】
題名 単・共
の別
発行日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
全国の看護管理者を対象とした職業感染と抗がん剤曝露予防に関する調査 共著 2016年 愛知医科大学看護学部紀要 Vol4,13-22. 査読あり
看護職者の職業被ばくに対する認識と教育・研修の現状が防護行 共著 2017年 愛知医科大学看護学部紀要Vol16 31-38 査読あり
放射線診療に携わる看護師が職業被ばくに ついて抱く不安に関する質的分析 共著 2017年 日本放射線看護学会誌
Vol.6 No.1 , 22-32.
査読あり
救急病棟に勤務する卓越した看護師のせん妄 発症予防の看護の特徴 共著 2017年 愛知医科大学看護学部紀要Vol16,39-47. 査読あり
看護師が多職種のエラーを指摘する行動に影響を与える要因の検討 共著 2020年 日本看護科学学会誌40巻 p403-411 査読あり
Consideration of Factors Affecting Nurses’ Attitude of Pointing out Inter-professional Errors 共著 2021年 American Journal of Nursing Science Volume10, Issue 3, June 2021, Pages: 184-191 査読あり
抗がん薬曝露を予防するための排せつ物の取り扱いに関する患者・家族への教育状況の実態 共著 2021年 日本健康医学会誌30(2)1-9 査読あり
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発表日 発行学会等の
名称
備考
看護職者の職業被ばく防護に関する教育プログラム開発のための情報交換と課題の共有 (交流集会) 2018年 第38回日本看護科学学会学術集会 愛媛 査読あり
The Status of Anticancer Drug Exposure Preventive Behaviors in Nurses Working at Hospitals in Japan 2019年 The 23rd East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS) conference2020 査読あり
Awareness of Anticancer Drug Exposure in Nurses 2019年 The 23rd East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS) conference2020 査読あり
抗がん剤治療による医療者および患者・家族に対する曝露予防における課題 2019年 第39回日本看護科学学会学術集会 査読あり
全国の病院に勤務する看護師の抗がん薬曝露予防に関する教育受講と抗がん薬調剤に関する調査 2019年 第34回日本がん看護学会学術集会 査読あり
抗がん剤治療による医療者および患者・家族に対する曝露予防における課題 (交流集会) 2019年 第39回日本看護科学学会学術集会 金沢市 査読あり
高度急性期病院に勤務する看護師の退院支援 に関する認識―看護業務との関連を踏まえて ― 2019年 第23回日本看護管理学会学術集会発表 新潟 査読あり
がん薬物療法における職業性曝露対策の実際-唾液と尿中のCPA定量測定の結果から- 2020年 日本看護研究学会東海地方会 査読あり

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
看護師免許   第267030号  
【社会的活動等】
活動事項 期間(年月) 活動機関 備考
愛知県看護協会認定看護管理者研修
サードレベル入試 論文審査委員
ファーストレベル講師
2017~2020年 社団法人愛知県看護協会  
愛知県看護協会認定看護管理者研修教育委員会委員 2017~2020年 社団法人愛知県看護協会  
名古屋大学キャリア支援センターファーストレベル講師 2019~2022年 継続中 名古屋大学医学部付属病院  
長野県看護協会認定看護管理者研修講師 ~2022年 継続中 社団法人長野県看護協会  
長野赤十字病院ラダー研修講師 ~2022年 継続中 長野赤十字病院  
福井大学医学部看護学研究科 看護教育学 非常勤講師 ~現在 福井大学医学部
看護学研究科修士課程
 
愛知医科大学看護学部看護学研究科 看護管理論 非常勤講師 ~現在 愛知医科大学看護学研究科修士課程  

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本看護科学学会、日本看護倫理学会、日本健康医学会、日本看護管理学会、日本看護研究学会、日本放射線看護学会、日本腎不全看護学会
【所属学会役員歴等】
学会及び役員名 期間(年月) 備考
日本看護倫理学会 2019年~2021年 評議員
日本看護科学学会 2019年~2022年 代議員

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
慶応義塾大学病院看護師 1974~1977年  
済生会中央病院看護師および看護管理者 1977~1996年  
群馬社会福祉短期大学
桐生短期大学看護学部  講師
1996~2000年  
山梨医科大学医学部看護学科講師、准教授 2000~2005年  
愛知医科大学看護学部 准教授 2005~2007年  
山梨県立大学看護学部 教授 2007~2009年 看護管理学専攻修士課程開設のため
長野県看護大学看護学部 教授 2009~2014年  
愛知医科大学看護学部 教授 2014~2018年  
一宮研伸大学看護学部 教授 2018~2021年  
名古屋学芸大学看護学部 教授 2021年~現在  

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
山梨医科大学教育賞 平成14年3月  
愛知医科大学ベストティーチャー賞 平成28年3月  

科学研究費等外部資金導入実績

名称 題名 年月 機関名 備考
文部科学省科学研究費助成 基盤C 病院における職業性曝露防護策と危険回避行動を促す看護職者教育プログラムの開発 2011年~2013年 文部科学省 代表
文部科学省科学研究費助成 基盤C 在宅および外来で化学療法を受ける患者家族の抗がん剤曝露予防のシステム構築 2017年~2020年 文部科学省 代表
文部科学省科学研究費助成 基盤C 化学療法を受ける乳がん患者の味覚障害に対する客観的評価を用い用いた看護援助の検討 2017年~継続中 文部科学省 分担
文部科学省科学研究費助成 基盤C .IVRに携わる看護師の職業被ばく低減とチーム医療を推進する教育プログラムの開発 2017年~継続中 文部科学省 分担
文部科学省科学研究費助成 基盤B 病院職員の尿・唾液内シクロホスファミド測定と抗がん薬曝露対策ガイドラインの検証 2020年~継続中 文部科学省 代表

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
1年生:看護学概論 基礎看護技術論
2年生:ヘルスアセスメント、看護過程の展開、基礎看護技術論Ⅴ
4年生:看護管理学 基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る