HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 管理栄養学部 管理栄養学科 特任講師
ふりがな おおしま さとみ
教員氏名 大嶋 里美
英語表記 Satomi Oshima
生年 1982年
学歴 University of California, Davis 臨床栄養学科 卒業 (2006年)
Florida State University, Tallahassee 運動生理学研究科 運動生理学専攻 修士課程修了 (2009年)
早稲田大学大学院博士後期課程 スポーツ科学研究科 スポーツ科学専攻 博士後期課程修了 (2013年)
学位 学士(臨床栄養)[University of California, Davis]
修士(運動生理)[Florida State University, Tallahassee]
博士(スポーツ科学)[早稲田大学]
現在の研究分野
(最大5つまで)
スポーツ生理学 (スポーツ栄養学)
現在の研究テーマ
  • 体格の大きなアスリートの食事や代謝性疾患に関する調査

主な研究業績

【著書】(過去5年)
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
アンチ・エイジングシリーズ No.4
進化する運動科学の研究最前線
2014年12月 株式会社エヌ・ティー・エス 第1編2章3節
Physical activity, exercise, sedentary behavior and health 2015年6月 Springer Japan 編集者
Sports Performance 2015年6月 Springer Japan PartⅡ-12
アスリートの栄養アセスメント 2017年12月 第一出版 第Ⅲ部①
【学術論文】(過去5年)
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
Fat-free mass can be utilized to assess resting energy expenditure for male athletes of different body size 2011年4月 Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 57, 394-400 査読有
Relative contribution of organs other than brain to resting energy expenditure is consistent among male power athletes 2013年7月 Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 59, 224-231 査読有
Organ size increases with weight gain in power-trained athletes 2013年12月 International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism, 23, 617-623 査読有
High cardiorespiratory fitness can reduce glycated hemoglobin levels regardless of polygenic risk for Type 2 diabetes mellitus in nondiabetic Japanese men 2014年7月 Physiological Genomics,  46(14),497-504 査読有
Strong influence of dietary intake and physical activity on body fatness in elderly Japanese men: age-associated loss of polygenic resistance against obesity 2014年9月 Genes & Nutrition,
9(5), 416
査読有
Cardiorespiratory fitness and visceral fat are key determinants of serum fibroblast growth factor 21 concentration in Japanese men 2014年10月 Journal of clinical endocrinology and metabolism,
99(10),E1877-84
査読有
Cardiorespiratory Fitness is a Strong Predictor of the Cardio-ankle Vascular Index in Hypertensive Middle-aged and Elderly Japanese Men 2014年10月 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis,
22(4), 379-89
査読有
The relationship between serum 25-hydroxyvitamin D concentration, cardiorespiratory fitness, and insulin resistance in Japanese men 2014年12月 Nutrients,
29;7(1), 91-102
査読有
Associations between the Serum 25(OH)D Concentration and Lipid Profiles in Japanese Men 2015年4月 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis,
22(4), 355-362
査読有
Characteristics of body composition and cardiometabolic risk of Japanese male heavyweight Judo athletes 2016年4月 Journal of Physiological Anthropology, 6;35:10 査読有
Vitamin D supplementation reduces insulin resistance in Japanese adults: a secondary analysis of a double-blind, randomized, placebo-controlled trial 2016年10月 Nutrition Research
36(10):1121-1129
査読有
Changes in Stress and Appetite Responses in Male Power-Trained Athletes during Intensive Training Camp 2017年8月 Nutrients
9(8), 912
査読有
Serum 25-Hydroxyvitamin D Concentrations Are Inversely Correlated with Hepatic Lipid Content in Male Collegiate Football Athletes 2018年7月 Nutrients
10(7):942
査読有
Association of Serum 25-Hydroxyvitamin D Concentrations With Glucose Profiles in Male Collegiate Football Athletes 2019年7月 The International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism
29(4):420–425
査読有
Ageing affects the association between serum 25- hydroxyvitamin D concentrations and cardiorespiratory fitness in middle-aged and elderly men. 2019年9月 Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition
28(3):614-620
査読有
Effect of Vitamin D Supplementation on Body Composition and Physical Fitness in Healthy Adults: A Double-Blind, Randomized Controlled Trial 2019年12月 Annals of Nutrition and Metabolism
75(4):231-237
査読有
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
The influence of intentional body weight gain on insulin resistance, atherosclerosis index, and metabolic syndrome risk factors in Japanese male power athletes 2011年11月 5th Asia-Pacific Conference on Exercise and Sports Science
上海、中国
口頭発表
Relative contribution of internal organs on resting energy expenditure is consistent except for brain in male collegiate athletes 2012年11月 11th Annual Conference of Society of Chinese Scholars on Exercise Physiology and Fitness
上海、中国
口頭発表
Fat-free mass gain by physical training and overfeeding increases resting energy expenditure in male athletes 2014年5月 American College of Sports Medicine 61st Annual Meeting
フロリダ、米国
Thematic poster
大型スポーツ選手の栄養摂取量と内臓脂肪量の関係 2014年7月 日本スポーツ栄養学会第1回大会
東京、日本
口頭発表
Appetite and food preference in relationship with hormonal levels during training camp for athletes 2015年5月 American College of Sports Medicine 62st Annual Meeting、フロリダ、米国 ポスター発表

主な教育上の業績

【作成した教科書】
教科書名(対象講義名) 単・共
の別
年月 備考
イラストスポーツ栄養学(スポーツと栄養) 2019年4月  

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
Registered Dietitian(米国登録栄養士) 2007年3月 発行者:Commission on Dietetic Registration
登録番号:982463
 
国際中医薬膳師 2016年11月 発行者:日本中医学院  
Board Certified Specialist in Sports Dietetics(米国認定専門スポーツ栄養士) 2017年7月 発行者:Commission on Dietetic Registration  

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本スポーツ栄養学会、日本臨床スポーツ医学会、日本中医食養学会
【所属学会役員歴等】
学会及び役員名 年月期間(年月) 備考
日本スポーツ栄養学会 2017年~現在 国際交流委員会
日本スポーツ栄養学会 2018年~現在 評議員

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
名古屋学芸大学管理栄養学部
非常勤講師
2010年4月~2020年3月 「スポーツと栄養」「運動栄養特論」
早稲田大学スポーツ科学学術院
研究助手
2013年4月~2014年3月  
日本大学経済学部
非常勤講師
2013年4月~2015年3月 「健康科学論」

受賞学術賞

受賞事項 年月期間(年月) 備考
日本スポーツ栄養学会第1回大会、優秀演題賞受賞 2014年7月  
     

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
スポーツと栄養、スポーツ栄養特論
【授業の改善と工夫】
スポーツと栄養では、スポーツ栄養指導に必要な知識の習得のほかに、実践的なスキルや現場での視点も身につくように、サポート計画を立てることやセミナーなどの発表を取り入れた授業を行っている。授業アンケートの結果を踏まえ、理解度をさらに高められるよう、実践的なケースを紹介しながら講義を進めることを検討したい。
スポーツ栄養特論では、学び実践することの面白さを伝えたいと考えているため、講義は現場指導の体験談、研究の話、国際的な視点を交えてすすめている。また論文やスポーツ栄養学に関するトピックスを調べてもらい、発表とディスカッションで理解を深める取り組みも行っている。

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る