HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 管理栄養学部 管理栄養学科 大学院栄養科学研究科 教授・学科長
ふりがな いずみ ひでひこ
教員氏名 和泉 秀彦
英語表記 Hidehiko Izumi
生年 1966年
学歴 名古屋大学農学部農芸化学科 卒業(1989年)
名古屋大学大学院博士前期課程農学研究科食品化学工学専攻 修了(1991年)
名古屋大学大学院博士後期課程農学研究科食品化学工学専攻 満期退学(1995年)
学位 農学士[名古屋大学](1989年)
農学修士[名古屋大学](1991年)
博士(農学)[日本大学](2001年)
現在の研究分野
(最大5つまで)
食品と貯蔵、調理と加工、調理と機能性成分、食素材、食物アレルギー
現在の研究テーマ
  • 米アレルゲンの特性を活かした低アレルゲン化
  • ベイクドミルクのアレルゲン性
  • 加工食品中のアレルゲン量-解除指導のために-
  • 食物依存性運動誘発アナフィラキシーに関する研究

主な研究業績

【著書】
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
抗アレルギー食品開発ハンドブック 2005年5月 サイエンスフォーラム  
管理栄養士国家試験問題解説2006 2005年9月 メディックメディア  
管理栄養士国家試験問題解説2007 2006年7月 メディックメディア  
保育・学校給食のためのアレルギー教本 2006年10月 特定非営利活動法人 アレルギー支援ネットワーク  
管理栄養士国家試験問題解説2008 2007年7月 メディックメディア  
食品学I 食品の化学・物性と機能性 2007年10月 南江堂  
食品学II 食品の分類と利用法 2007年10月 南江堂  
食品学 食べ物と健康 2007年10月 講談社サイエンティフィク  
管理栄養士国家試験 模試形式 新分野強化問題 2007年12月 メディックメディア  
健康を考えた食品学実験 2008年3月 アイ・ケイコーポレーション  
管理栄養士国家試験問題解説2009 2008年7月 メディックメディア  
管理栄養士国家試験問題解説2010 2009年7月 メディックメディア  
管理栄養士国家試験問題解説2011 2010年7月 メディックメディア  
食品免疫・アレルギーの事典 2011年5月 朝倉書店  
食物アレルギーの基礎と対応 2011年5月 みらい  
管理栄養士国家試験問題解説2012 2011年7月 メディックメディア  
食品学Ⅰ 食品の化学・物性と機能性 2011年11月 南江堂  
食品学Ⅱ 食品の分類と利用法 2011年11月 南江堂  
管理栄養士国家試験問題解説2013 2012年7月 メディックメディア  
管理栄養士国家試験問題解説2014 2013年7月 メディックメディア  
食品学 2014年4月 朝倉書店  
管理栄養士国家試験問題解説2015 2014年7月 メディックメディア  
食物アレルギーの現状とリスク低減化食品素材の開発 2015年3月 シーエムシー出版  
管理栄養士国家試験問題解説2016 2015年7月 メディックメディア  
【学術論文】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
発酵米麺のアレルゲンタンパク質とプロテアーゼ産生微生物について 2005年7月 日本家政学会誌,56(7),417-424 査読 有
Rice allergenic proteins and hypo-allergenic rice. 2005年9月 Netraceutical Proteins and Peptides in Health Disease., 491-509 査読 有
Degradation of soluble proteins including some allergens in brown rice grains by endogenous proteolytic activity during germination and heat-processing. 2005年10月 Biosci Biotechno .Biochem 69(10),1877-1833 査読 有
Digestion and Gastrointestinal Absorption of 14-16-kDa Rice Allergens. 2006年8月 Biosci Biotechnol. Biochem., 70,(8), 1890-1897 査読 有
米アレルゲンタンパク質とその低減化 2006年9月 川崎医療福祉学会誌, 16(1), 21-29 査読 有
精白米の塩溶液浸漬による低アレルゲン化 2006年11月 日本食品科学工学会誌,53(11),583-586 査読 有
Rice Allergenic Proteins. 2007年3月 Annual Report of Institute of Health and Nutrition, Nagoya University of Arts and Sciences, 1, 59-63 (2007) 査読 無
精白米の浸漬による低アレルゲン化 2007年10月 食品の包装,39,35-38(2007) 査読 無
大豆の発芽に伴うアレルゲンの分解機構 2008年5月 食生活研究,28(4),21-28 査読 無
Characterization of Bacillus sbtilis isolated from Asian fermented foods. 2009年11月 Food Science and Technology Research, 15(6), 656-666 査読有
食品高分子成分の腸管吸収と免疫系への作用 2010年9月 日本臨床栄養協会誌,26(2),17-20 査読無

食物アレルギーにおける解除指導

-かわりつつある食物アレルギーの食事指導―
2012年6月 小児看護,35(6), 713-719 査読無
当科通院中の食物アレルギー児が受けている給食対応の実態 2012年8月 日本小児アレルギー学会誌,26(4),589-598 査読有
経口負荷試験と試験結果に基づく食事指導 2013年3月 薬局,64(3),43-49 査読無
食物アレルゲンの知識 2013年4月 アレルギーの臨床,33(4),18-22 査読無
タンパク質換算を用いた小麦アレルギー患者への除去解除指導(第4報) 2013年12月 日本小児アレルギー学会,27(5),710-720 査読有
経口免疫療法に効果的な食品摂取方法の探索 2014年2月 名古屋学芸大学健康・栄養研究所年報,6,57-69 査読有
Development of Oral Immunotherapy Model Using B10.A Mice and Egg White Lysozyme. 2014年10月 J. Nutr. Sci. Vitaminol., 60, 363-366 査読有
Functionality of Polyphenols 2015年3月 Nagoya Journal of Nutritional Sciences, 1, 1-7 査読有
食物アレルゲンの消化・吸収

2105年3月

日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会誌,13(1),33-36 査読無
プチヴェールの抗酸化性の評価と調理および加工による変化 2015年4月 日本調理科学会誌,48(2),130-135 査読有
鶏卵・牛乳アレルギー児における除去解除後の食生活実態調査(第5報) 2015年5月 日本小児アレルギー学会誌,29(5),691-700 査読有
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
発芽に伴う大豆種子貯蔵タンパク質およびアレルゲンの分解 2005年3月 日本農芸化学会 2005年度大会(札幌)  
米14-16kDa アレルゲンのマウスにおける消化性と腸管からの吸収 2005年5月 第59回日本栄養・食糧学会大会
(東京)
 
精白米の浸漬によるアレルゲンタンパク質の低減化 2005年5月 日本家政学会第57回大会(福岡)  
精白米の塩溶液浸漬による米粒残存アレルゲンタンパク質の定量 2005年9月 日本調理科学会平成17年度大会
(新潟)
 
発芽に伴う大豆種子中のアレルゲンタンパク質の分解 2006年3月 日本農芸化学会 2006年度大会(京都)  
米14-16kDaアレルゲンの消化性および腸管吸収性 2006年5月 第60回日本栄養・食糧学会大会
(静岡)
 
精白米の塩溶液浸漬による低アレルゲン化 2006年5月 日本家政学会第58回大会(秋田)  
浸漬による米アレルゲンの低減化に及ぼす浸漬時間とpHの影響 2006年9月 日本調理科学会平成18年度大会
(岡山)
 
発芽に伴う大豆種子中の貯蔵タンパク質(アレルゲン)の分解 2007年3月 日本農芸化学会2007年度大会(東京)  
米アレルゲンタンパク質の低減化に及ぼす浸漬溶液のpHの影響 2007年3月 日本農芸化学会2007年度大会(東京)  
食餌性タンパク質抗原の消化性および腸管吸収性 2007年5月 第61回日本栄養・食糧学会大会
(京都)
 
浸漬による精白米の低アレルゲン化 2007年5月 日本家政学会第59回大会(岐阜)  
ダイズ発芽時に活性化されるプロテアーゼによるアレルゲンの分解 2007年8月 日本調理科学会平成19年度大会
(東京)
 
ダイズ発芽時に活性化されるプロテアーゼによるアレルゲンの分解 2008年3月 日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)  
卵白アレルゲンの小腸での分解とその吸収性との関連 2008年5月 第62回日本栄養・食糧学会大会
(東京)
 
卵白アレルゲンの小腸における消化性および吸収性の比較 2008年5月 日本家政学会60回大会(東京)  
精白米の低アレルゲン化に及ぼす浸漬時の酢酸添加および炊飯の影響 2009年3月 日本農芸化学会2009年度大会(福岡)  
卵白アレルゲンの経口投与による免疫寛容の誘導 2009年5月

第63回日本栄養・食糧学会大会

(長崎)
 
精白米の酸性溶液浸漬および炊飯による低アレルゲン化 2009年8月

日本家政学会第61回大会

(兵庫)
 
酸性溶液浸漬により作製した低アレルゲン米の消化性 2010年3月

日本農芸化学会2010年度大会

(東京)
 
食物アレルギー治療のための食品摂取方法の探索 2010年5月

第64回日本栄養・食糧学会大会

(徳島)
 
酸性溶液浸漬により作製した低アレルゲン米の消化性 2010年5月

日本家政学会第62回大会

(兵庫)
 
食物アレルギー予防と治療のための食品摂取方法の探索 2010年8月

日本調理科学会平成22年度大会

(福岡)
 
調理操作による青大豆の機能性成分の変化 2010年8月

日本調理科学会平成22年度大会

(福岡)
 
外食産業における食物アレルギー対応の実態調査 2010年9月 第57回日本栄養改善学会学術総会(埼玉)  
低アレルゲン米のタンパク質の消化性 2011年3月

日本農芸化学会2011年度大会

(京都)
 
アミノカルボニル反応を利用した糖付加タンパク質の消化性 2011年5月

第65回日本栄養・食糧学会大会

(東京)
 
低アレルゲン米中のタンパク質の消化性 2011年5月

日本家政学会第63回大会

(東京)
 
外食における食物アレルギー対応の実態調査 2011年9月 第58回日本栄養改善学会学術総会(広島)  
プチヴェールの機能解析 2012年3月

日本農芸化学会2012年度大会 (京都)

 
経口投与LYの免疫寛容誘導効果の解析 2012年5月

第66回日本栄養・食糧学会大会 (仙台)

 
プチヴェールの成分解析 2012年8月

日本調理科学会平成24年度大会 (秋田)

 
小麦アレルギー対応のための米粉活用可能性調査 2012年9月 第59回日本栄養改善学会学術総会(名古屋)  
タンパク質量換算を用いた小麦アレルギーの解除指導 2012年9月 第59回日本栄養改善学会学術総会(名古屋)  
幼稚園児の食生活について‐食物アレルギーの有無による違い 2012年9月 第59回日本栄養改善学会学術総会(名古屋)  
プチヴェールの機能解析 2013年3月 日本農芸化学会2013年度大会 (仙台)  
糖結合リゾチームの免疫療法に及ぼす影響 2013年5月 第67回日本栄養・食糧学会大会 (名古屋)  
加工食品(ハム)中の卵白アレルゲンの定量~卵アレルギー患者の食事指導のために~ 2013年8月 日本調理科学会平成 25年度大会(奈良)  
プチヴェールの機能解析 2014年3月 日本農芸化学会2014年度大会 (東京)  
市販ハム中の卵白アレルゲンの定量~卵アレルギー児のQOL向上のために~ 2014年5月

第68回日本栄養・食糧学会大会(札幌)

 
プチヴェール中のポリフェノールの調理加工による変化 2014年5月

第68回日本栄養・食糧学会大会(札幌)

 
食物アレルゲンの消化・吸収 2014年6月 第31回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会(名古屋)  
新規野菜プチヴェールの成分解析と機能性 2014年8月 日本調理科学会平成26年度大会(広島)  
The effect of exercise on digestibility and absorbability. 2015年5月 ACN2015(横浜)  
食物依存性運動誘発アナフィラキシー(教育講演) 2016年2月 第17回健康支援学会(名古屋)  
ベイクドミルク中のアレルゲンの消化性 2016年5月 第70回日本栄養・食糧学会大会(神戸)  

主な教育上の業績

【大学教育の改善に関する活動】
活動事項 単・共
の別
年月 備考

チュートリアルシステム

エイジミキシング

2002年4月~現在に至る

 
授業『食品学実験II(加工学・衛生学実験含む)』への実験の導入 2002年4月~現在に至る  
【作成した教科書】
教科書名(対象講義名) 単・共
の別
年月 備考
講義科目『食品学I(総論)』『生化学』単元まとめプリントの作成 1995年4月~現在に至る  
食品学実験I・IIの実験書作成 2003年4月~現在に至る  

主な職務上の業績

【社会的活動等】
活動事項 年月 活動機関 備考
栄養情報担当者資格認定試験および認定試験受験用通信講座「スクーリング」にて『栄養・食品学特論』について講演 2004年~2008年 独立行政法人 国立健康・栄養研究所 指定 学際企画主催  
「アレルギー大学」にて『アレルギーの食品学』について講演 2006年~現在に至る NPO法人アレルギー支援ネットワーク主催  
NPO法人アレルギー支援ネットワーク 理事 2009年~現在に至る NPO法人アレルギー支援ネットワーク  
名古屋学芸大学公開講座 浜松 2009年7月 名古屋学芸大学  
栄養素の代謝 集中講義 2009年9月 学際企画  
愛知県栄養士会生涯学習研修会 『食物アレルギーの発症とその抑制』について講演 2012年10月 愛知県栄養士会主催  
『食物アレルギーの基礎知識』について講演 2012年11月・12月 学祭企画主催  
栄養教員・学校栄養職員研修会『食物アレルギーの発症とその抑制』 2013年8月 名古屋市教育委員会主催  
全国自治体病院協議会 栄養・調理研修会『食物アレルギーの発症のメカニズム』 2013年11月 全国自治体病院協議会主催  

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本農芸化学会,日本栄養・食糧学会,日本家政学会,日本調理科学会,日本食品科学工学会,日本栄養改善学会,日本小児アレルギー学会
【所属学会役員歴等】
学会及び役員名 年月期間(年月) 備考
日本調理科学会 本部評議員 2006年4月~2009年3月  
日本調理科学会 東海北陸支部役員 2006年4月~2011年3月  
日本栄養・食糧学会中部支部参与(評議員) 2010年7月~現在に至る  

日本調理科学会本部理事

日本調理科学会 東海・北陸支部副支部長

2014年4月~ 2016年3月  

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
東海学園女子短期大学非常勤講師 1993年4月~1995年3月  
名古屋栄養専門学校教員 1995年4月~2002年3月  
名古屋学芸大学 管理栄養学部 講師 2002年4月~2006年3月  
名古屋学芸大学 大学院栄養科学研究科 助教授 2006年4月~2007年3月  
名古屋学芸大学 管理栄養学部 助教授 2006年4月~2007年3月  
名古屋学芸大学 管理栄養学部 准教授
兼 大学院栄養科学研究科 准教授
2007年4月~2010年3月  
名古屋学芸大学 管理栄養学部 教授
兼 大学院栄養科学研究科 教授
2010年4月~現在に至る  
名古屋学芸大学 管理栄養学部 副学科長 2014年4月~2016年3月  
名古屋学芸大学 管理栄養学部 学科長 2016年4月~現在に至る  

科学研究費等外部資金導入実績

名称 題名 年月 機関名 備考
科学研究費若手研究(B) 発芽玄米におけるアレルゲンタンパク質含量の低減化機構の解明 2003年~2005年 名古屋学芸大学  
学術研究振興資金 発芽玄米による生体調節機構の解析:高脂血症、高血圧症、アレルギー症の改善 2004年 名古屋学芸大学  
科学研究費基盤研究(C) 精白米の浸漬による低アレルゲン化とその消化性-加工・調理への影響- 2009年~2011年 名古屋学芸大学  
科学研究費基盤研究(C) 浸漬による低アレルゲン米の作製とその有効性評価 2013年 ~2015年 名古屋学芸大学  

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】

食品学I、食品学II、食品学実験I、食品学実験II、食物とアレルギー

 

【授業の改善と工夫】
食品学実験Ⅰおよび食品学実験Ⅱにおいて、実験結果の報告書(レポート)に、その実験内容に関連する自主学習を付加し、実験内容の理解度の向上を図った。

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る