HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 管理栄養学部 管理栄養学科 兼 大学院栄養科学研究科 教授
ふりがな ふじき ことよ
教員氏名 藤木 理代
英語表記 Kotoyo Fujiki
生年 1968年
学歴 東京家政大学 家政学部 栄養学科 卒業(1991年)
筑波大学大学院 体育研究科 健康教育学専攻 修士課程修了(1994年)

名古屋大学大学院 医学系研究科 健康社会医学専攻 博士後期課程修了(2004年)

学位 家政学士[東京家政大学](1991年)
修士(体育学)[筑波大学](1994年)
博士(医学)[名古屋大学](2004年)
現在の研究分野
(最大5つまで)
総合新領域系、総合領域分野、生活科学科、食生活学
現在の研究テーマ
  • 個人の遺伝的体質に応じた保健指導の検討
  • アルコール性慢性膵炎発症の分子機構
  • 消化管カルチノイド腫瘍形成の分子機構

主な研究業績

【著書】
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
膵炎-病態と治療指針- 2007年9月 最新医学社  
膵嚢胞線維症の診断の手き
非定型的CF
2008年6月 厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業  
【学術論文】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
腸内細菌叢と栄養―呼気中H2・CH4・N2Oの測定 2000 栄養―評価と治療18:63-68 (総説)  
Assessment of colonic fermentation by hydrogen release from skin. 2002 Am J Gastroenterol. 97(5):1271-2.  
Effect of lactase preparations in asymptomatic individuals with lactase deficiency--gastric digestion of lactose and breath hydrogen analysis. 2002 Nagoya J Med Sci. 65(1-2):21-8.  
ATP受容体を介するモルモット単離小葉間膵管の細胞内Ca2+反応 2002 総合保健体育科学、第25巻、p 73-78  
Cystic fibrosis and related diseases of the pancreas. 2002 Best Pract Res Clin Gastroenterol 16(3): 511-26. (Review)  
高齢肥満者におけるレプチン受容体遺伝子多型の意義 2003 名古屋大学総合保健体育科学、第26巻、p85-87  
Genetic evidence for CFTR dysfunction in Japanese: background for chronic pancreatitis. 2004 J Med Genet. 41: e55.  
A finger sweat chloride test for the detection of the high-risk group of chronic pancreatitis. 2004 Pancreas 28(3):e80-5.  
呼気中水素および亜酸化窒素測定による消化吸収機能および消化管内細菌叢の評価 2004 消化器科39:144-148 (総説)  
アルコールによる膵障害発生機序の最近の考え方は? 2004 胆と膵25(臨時増刊号):816-819 (総説)  
レプチン抵抗性に及ぼす運動効果の個人差—レプチン受容体遺伝子多型を背景に— 2006 名古屋大学総合保健体育科学 第29巻、p15-18 (総説)  
Hypoxic regulation of vascular endothelial growth factor through the induction of PI3K/RHO/ROCK and c-MYC 2006 J Biol Chem 281(20): 13957-13963  
Identification of key residues that cause differential gallbladder response to PACAP and VIP in the guinea pig. 2007 Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 292 (1): G76-83  
Is genetic analysis helpful for diagnosing chronic pancreatitis in its early stage? 2007 J Gastroenterol. 42 (17): 60-65 (Review)  
アルコール代謝酵素の遺伝子多型と膵機能障害 2007 呼気生化学の進歩10:68-76 (総説)  
CFTR遺伝子の非コード領域解析 2008 平成19年度厚生労働省科学研究費難治性膵疾患に関する調査研究報告書p266-269 (報告書)  
アルコール性慢性膵炎患者のCFTR遺伝子解析 2008 膵臓病財団 第15回研究報告書p97-101 (報告書)  
単離膵導管におけるグルコース吸収が膵液分泌に与える影響 2008 膵臓 23(3) : 323  
汗中クロライド濃度の簡便な測定法の開発 2008 膵臓23 (4) :486-493  
Hoxc6 is overexpressed in gastrointestinal carcinoids and interacts with JunD to regulate tumor growth 2008 Gastroenterology 135(3):907-916  
Glucose transport in interlobular ducts isolated from rat pancreas. 2009 J Med Invest. 56: 308-11 (Review)  
High glucose inhibits HCO3 and fluid secretion in rat pancreatic ducts. 2009 Pflugers Archiv-European Journal of Physiology 459:215-26.  
慢性膵炎発症とCFTR遺伝子多型 2009 肝胆膵 59:1245-1252  
Distribution of CCK receptor in guinea-pig gastrointestinal tract. 2009 名古屋学芸大学健康・栄養研究所年報 第3号 p.11-16  
CFTR遺伝子の発現調節機構 2010 厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 難治性膵疾患に関する調査研究 2010年度 総括・分担研究報告書 p207-209 (報告書)  
運動トレーニングによる耐糖能改善効果について―OGTT 1時間値に及ぼす影響― 2010 名古屋大学総合保健体育科学 第33巻1号 p.87-91  
慢性膵炎患者におけるCFTR遺伝子の解析 2011 厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 難治性膵疾患に関する調査研究 2011年度 総括・分担研究報告書 p207-209 (報告書)  
Detection of a large heterozygous deletion and a splicing defect in the CFTR transcripts from nasal swab of a Japanese case of cystic fibrosis. 2012 J Hum Genet. 2012 Jul;57(7):427-33.  
レプチン受容体遺伝子多型Lys109Arg及びGln223Argと肥満の関連 2012 名古屋学芸大学健康・栄養研究所年報 第5号 p.33-38  
大学ラグビー選手を対象とした栄養サポート活動~NSTA(Nutrition Support Team for Athlete)の取り組み~ 2012 名古屋学芸大学健康・栄養研究所年報 第5号 p.39-47  
CFTR polymorphisms of healthy individuals in two Chinese cities—Changchun and Nanjing. 2012 Nagoya J Med Sci. 74(3-4):293-301  
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
CFTR mutations and sweat chloride concentration in Japanese patients with chronic pancreatitis. 2002年 5月 26th International Congress of Internal Medicine (Kyoto)  
モルモットの膵および消化管におけるCCK受容体の発現 2003年 7月 第34回日本膵臓学会大会  
日本人の慢性膵炎患者におけるCFTR遺伝子多型の解析 2003年 9月 第48回日本人類遺伝学会(長崎)  
日本人のCFTR遺伝子多型の特徴と慢性膵炎 2004年 9月 第49回日本人類遺伝学会(東京)  
Functional CCK receptors are not present in guinea pig pancreatic ducts. 2004年 10月 15th International Symposium on Regulatory Peptides (Toulouse)  
CFTR gene mutations/polymorphisms in Japanese patients with chronic pancreatitis. 2004年 11月 12th United European Gastroenterology Week (Prague)  
Functional CCK receptors are not present in guinea-pig pancreatic ducts. 2004年 11月 American Pancreatic Association (Chicago)  
Hoxc6 is overexpressed in gastrointestinal carcinoids and interacts with JunD to regulate tumor growth 2008年5月 39th Digestive Disease Week (Washington, D.C.)  
アルコール性慢性膵炎患者のALDH2およびCFTR遺伝子多型の解析

2008年 7月30-31日

第39回日本膵臓学会大会(横浜)  
The genetic background of CFTR and ALDH2 is related to alcoholic chronic pancreatitis in Japanese. 2008年 10月18-22日 16th United European Gastroenterology Week(Austria)  
消化管カルチノイド腫瘍形成における転写因子Hoxc6の役割 2009年1月 第4回 NET Work Japan(東京)  
Mutational analysis of promoter region of CFTR in Japanese patients with chronic pancreatitis. 2009年 11月4-7日 40 th Anniversary Meeting of the American Pancreatic Association、 (Honolulu)  
Haplotype analysis of CFTR gene in Japanese patients with chronic pancreatitis. 2010年 2月11-12日 Joint Meeting of the International Association of Pancreatology and the Japan Pancreas Society (Fukuoka)  
Effect of exercise training on glucose uptake-assessing 1h blood glucose levels in OGTT. 2010年 11月 18th United European Gastroenterology Week (Barcelona)  
慢性膵炎におけるCFTR遺伝子の関与 2011年 7月29日 第42回日本膵臓学会大会(弘前)  
慢性膵炎患者におけるCFTR遺伝子の解析 2012年 6月28日 第43回日本膵臓学会大会(山形)  
わが国の慢性膵炎患者のCFTR遺伝子多型 2013年 7月26日 第44回日本膵臓学会大会(仙台)  

主な教育上の業績

【大学教育の改善に関する活動】
活動事項 単・共
の別
年月 備考
管理栄養士の職域で必要となる知識・技術を、学生が授業の中で十分習得できるよう、カリキュラムの再編成に取り組んでいる。 2008年4月~現在に至る  
調査研究を課題に出し、発表させ、問題解決能力およびプレゼンテーション能力の増進を図った。 2008年4月  
【作成した教科書】
教科書名(対象講義名) 単・共
の別
年月 備考
調理科学実験書
(調理科学実験)
2008年9月  
応用栄養学(応用栄養学) 2014月1月  

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
中学校教諭一種免許状(家庭) 1991年3月 東京都教育委員会
第10239号
 
高等学校教諭一種免許状(家庭) 1991年3月 東京都教育委員会
第10248号
 
栄養士 1991年3月 東京都 第94280号  
管理栄養士 1992年8月 厚生省 第53817号  

所属学会

【所属学会名称】
学会名称 日本栄養士会、日本栄養改善学会、日本膵臓学会、日本スポーツ栄養研究会

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
ハーバード大学附属
マサチューセッツジェネラルホスピタル
2004年11月~ 2007年2月  
名古屋学芸大学 管理栄養学部 講師 2007年4月~ 2012年3月  
名古屋学芸大学大学院 栄養科学研究科 講師 2009年4月~ 2012年3月  

名古屋学芸大学 管理栄養学部

兼 大学院 栄養科学研究科 准教授

2012年4月~2014年3月  

名古屋学芸大学 管理栄養学部

兼 大学院 栄養科学研究科 教授

2014年4月~現在に至る  

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
膵臓病研究財団研究奨励賞 2007年12月  

科学研究費等外部資金導入実績

名称 題名 年月 機関名 備考
科学研究費若手研究スタートアップ 飲酒が膵臓に与えるダメージの個人差;膵臓CFTR遺伝子転写調節機構の影響 2007年8月 名古屋学芸大学  
(財)三井生命厚生事業団助成金 栄養指導および運動トレーニングのインスリン感受性改善効果に及ぼす遺伝的要因の検討 2008年9月 名古屋大学
名古屋学芸大学
 

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】
応用栄養学・応用栄養学実習・総合演習・管理栄養士実習・管理栄養士演習(管理栄養学部管理栄養学科)
【授業の改善と工夫】
調査研究を課題に出し、発表させ、問題解決能力およびプレゼンテーション能力の増進を図った。

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る