HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

教員組織

教員の教育・研究活動報告

所属と職名 管理栄養学部 管理栄養学科 兼 大学院栄養科学研究科 講師
ふりがな あだち なみこ
教員氏名 安達 内美子
英語表記 Namiko Adachi
生年 1972年
学歴 徳島大学 医学部 栄養学科 卒業(1995 年)

女子栄養大学大学院 栄養学研究科 栄養学専攻 修士課程修了(2004年)

名古屋学芸大学大学院 栄養科学研究科 栄養科学専攻 博士後期課程修了( 2011年)
学位 学士(栄養学)[徳島大学](1995年)
修士(栄養学)[女子栄養大学](2004年)
博士(栄養科学)[名古屋学芸大学](2011年)
現在の研究分野

食教育、食行動、食と環境、栄養指導

現在の研究テーマ
  • 名古屋圏におけるモーニングサービスに関する食生態学的研究
  • 一食の適量把握に関する研究
  • 共食に関する食生態学的研究
  • 地域における魚の入手可能性に関する研究

主な研究業績

【著書】
題名 単・共
の別
発行日 発行所名 備考
改訂マスター栄養教育論 2015年4月 建帛社  

これからの栄養教育論

-研究・理論・実践の環-
2015年4月 第一出版 翻訳
【学術論文】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行雑誌又は発
行学会等の名称
備考
高齢者のモーニングサービス利用行動の変化とその要因-名古屋市高齢者福祉施設入所者の事例- 2010年10月 生活学論叢 査読
モーニングサービスとして提供されるメニューの現状と課題-名古屋圏都市部生活者がアクセスしたメニュー分析- 2010年12月 名古屋学芸大学健康・栄養研究所年報 査読
中高年勤労者の朝食行動と食生活並びに生活の関連 2012年09月 名古屋学芸大学健康・栄養研究所年報 査読有
中高年勤労者のための特定保健指導における食生活指針に関する行動変容段階の利用可能性 2012年09月 名古屋学芸大学健康・栄養研究所年報 査読有
教職課程履修女子学生について「3・1・2弁当箱法」を用いた食育プログラムの検討 2014年2月 名古屋学芸大学健康・栄養研究所年報 査読有
“食事の楽しさ”の要因の構造について朝食・夕食・給食の特徴-愛知県N中学校の事例- 2015年3月 名古屋学芸大学健康・栄養研究所年報 査読有
【学会発表等】
題名 単・共
の別
発行又は発表日 発行学会等の
名称
備考
小学生のための食教育プログラムにおける食生態アセスメントの枠組み開発-トンガ王国首都の事例- 2008年3月 日本国際保健医療学会第26回西日本地方会  
Development of the Framework for the Relationship of Dietary Behavior and Food Environment: A Case Study of Schoolchild in Capital Area, Kingdom of Tonga. 2008年9月 15th  International Congress of Dietetics 2008 (ポスター発表)
高齢者のモーニングサービス利用行動の変化とその要因-名古屋市高齢者福祉施設入所者の事例- 2010年5月 日本生活学会 第37回研究発表大会  
名古屋圏におけるモーニングサービスに対する人々の期待と利用行動-中高年勤労者の事例- 2012年6月 日本生活学会 第39回研究発表大会  
名古屋圏中高年勤労者にとってモーニングサービスは朝食の場として貢献できるか 2012年9月 第59回日本栄養改善学会学術総会  
やせ型若年女性の耐糖能異常に対する「3・1・2弁当箱法」を軸にした食生活介入の効果(第2報) 2013年9月 第60回日本栄養改善学会学術総会  
中学生にとって“食事が楽しい”とは 2013年11月 第60回日本学校保健学会  
教職課程履修女子大生のための「3・1・2弁当箱法」を用いた食育プログラムの評価 2014年8月 第61回日本栄養改善学会学術総会  
Effects of intervention based on The 3-1-2 Meal Box Magic for young female who had IGT. 2015年5月 12th Asian Congress of Nutrition ポスター発表

主な教育上の業績

【大学教育の改善に関する活動】
活動事項 単・共
の別
年月 備考
moodleを利用した復習用練習問題の配布

2015年4月

 

主な職務上の業績

【資格・免許】
資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
栄養士 1995年3月 徳島県 第5949号  
管理栄養士 1995年4月 厚生省 第68341号  
【社会的活動等】
活動事項 年月 活動機関 備考
日進市食育推進委員

2013年10月~ 現在に至る

日進市  
日進市提案型大学連携事業

2014年7月~2014年12月

日進市  
東海地域食料自給率向上研究会

2015年1月~現在に至る

東海農政局  

所属学会

【所属学会名称】
学会名称

日本栄養改善学会、日本栄養・食糧学会、日本公衆衛生学会、日本健康教育学会、日本国際保健医療学会、 日本生活学会、日本学校保健学会、日本栄養学教育学会、東海公衆衛生学会、日本フードシステム学会

【所属学会役員歴等】
学会及び役員名 年月期間(年月) 備考
日本栄養改善学会東海支部会幹事(庶務) 2014年7月~現在に至る  

主な職歴

事項 期間(年月) 備考
名古屋市教育委員会事務局学校給食センター栄養士 1995年4月~1997年3月  
名古屋市教育委員会事務局学校教育部学校保健課給食第二係栄養士 1997年3月~1999年4月  
トンガ王国首相府中央計画局青年海外協力隊栄養士隊員 1999年4月~2001年4月  
名古屋市教育委員会事務局学校教育部学校保健課中学校給食係栄養士 2001年4月~2003年3月  
名古屋市健康福祉局安田荘栄養士 2003年4月~2009年3月  
名古屋市守山区守山保健所保健予防課保健感染症係栄養士 2009年4月~2012年3月  
名古屋学芸大学管理栄養学部講師 2012年4月~現在に至る  
名古屋学芸大学大学院栄養科学研究科講師 2013年4月~現在に至る  

主な担当科目と授業の改善と工夫

【担当科目名(対象学部・学科)】

栄養教育論、栄養指導論、食生態論(管理栄養学部・管理栄養学科)

【授業の改善と工夫】
今まで現場で遭遇してきた具体的な事例を挙げて、概念や理論等の説明に努め、科学的根拠に基づいた栄養教育プログラムをマネジメントできる実践力を身に着けられるような授業の実施を図るよう計画している。具体的には、授業中に課題を出し、自分で考える主体的な学習の機会をつくるようにしている。

前のページへ戻る   このページのトップへ戻る