HOME

学部・学科・研究科の紹介

学部・学科・研究科の紹介

別科助産学専攻

母子の健康と家族の健やかな成長、
女性の多様な生き方を支える。

意義(概要)

 周産期医療に携わる医師・助産師の不足と偏在、ハイリスク分娩・ハイリスク新生児の増加などを背景に、助産師の人材充足と助産技術の質の向上が、中部地区でも急務となっています。
 対象者の個別性を尊重し安全安楽を最優先した助産技術を身につけ、周産期を中心とした女性のライフサイクル全般を見渡してその多様な生き方を支援できる助産師を養成します。

教育目標

 別科助産学専攻では、専門職として人間性への深い洞察力、実社会への理解力、論理的思考力及びコミュニケーション能力等を保持し、将来にわたり主体的に学習する態度を身につけた自律できる医療人となるために助産学の諸課題について創造的に取り組み、その社会的使命を認識すると同時に安全で質の高い助産実践力を身につけ、地域に密着した母子保健の充実、発展にも貢献できる人間性豊かな助産師を育成することを目的としています。

【資格取得】
  • 助産師国家試験受験資格
  • NCPR(新生児蘇生法)Bコース認定資格

別科助産学専攻に関するよくある質問と回答

別科助産学専攻の授業・演習風景

このページのトップへ戻る