HOME

学部・学科・研究科の紹介

学部・学科・研究科の紹介

大学院・メディア造形研究科(修士課程)

メディア造形諸領域の高度な専門性を身につけ、
文化の進展に寄与する、次代のクリエーターへ。

News

意義(概要)

 映像メディア、デザイン、ファッション造形など、メディア造形における諸領域は、IT技術の発展、社会や産業における役割の増大などを背景に、今もなお変化の途上にあります。こうした中で、これらに関わるクリエーターは、作品を制作するばかりでなく、様々な領域を横断するプロジェクトの企画、立案、運営など、他領域の専門家と協働し牽引しながら、超域的なプロジェクトを推進する力も求められるようになっています。
  本研究科では、こうした背景のもと、専門の知識や能力を深めるだけではなく、広範なメディア造形の諸領域を横断的に学び、柔軟な思考と高度なディレクション力を養います。

教育目標

修士課程

 メディア造形研究科では、「高い専門性」と「様々な領域の専門家と協働し牽引する力」を磨くことを目的としています。そのため、映画、映像、サウンド、メディアアート、インスタレーション、パフォーマンス、ヴィジュアルコミュニケーションデザイン、インダストリアルデザイン、トランスポーテーションデザイン、スペースデザイン、アパレルクリエーション、ファッションデザインなどの諸領域の専門性を深化させることに並行し、他領域についても学ぶことのできる柔軟なカリキュラム構成とすることで、超域的なプロジェクトを推進する高度なディレクション力をもった専門家や職業人を育成します。

【授与学位】
  • 修士(メディア造形)
【募集要項】

研究テーマ実績

【修士作品・論文】
  • 映像インスタレーション作品「イメージの間(あいだ)」
  • 多様化したライフスタイルに対応する食器デザインの研究
  • コンビニの調査~コンビニストアそれぞれの違い~
  • オーガニック・デザイン研究とファッションデザイン提案
  • 20代女性の生活意識とライフスタイルショップの関係性についての研究
  • 映像インスタレーション「鏡の扉」
  • モバイル・アーキテクチャー「ORIBEYA2」
  • 災害時における物資の運搬および災害時の移動手段の提案
  • ムーヴィン・コンポーザー
  • トイレ環境におけるユニヴァーサルデザイン -自立補助を目的としたトイレの研究-
  • 少人数利用モビリティの研究
  • 記憶色による表現の可能性の追求
  • 五感を意識したファッションブランドの仕組みの研究
  • 写真家としての生を生きなおすために
  • 世界へ発信する東京ファッションブランド研究
  • 段ボールを素材とする幼児用遊具の研究
  • “描く”行為について
  • 絞りテキスタイルの形状加工による立体表現について
  • 写真メディアによって組み換えられる現実性
  • 友禅の図案をアレンジした現代アパレルにおけるプリント柄の考察
  • 映画制作における演出と撮影の相互影響
  • 手書き文字と身体の痕跡
  • 黒から返る光<光の投影と黒いスクリーンの関係性>
  • ファッションデザイナーの作品にみられるジャポニズムについて
  • 折り紙による造形とファッションデザインへの応用
  • デジタル化、マルチメディア化していく時代に対し、今後求められていくデザインとは何か
  • GivenchyとGIVENCHYを継ぐデザイナーについて
  • イラストレーションにおける手描きの重要性
  • 3DCGアニメーションにおける“リアリティ”の探求
  • 身体と衣服におけるビジュアルコミュニケーション
  • 肖像写真を通しての人間研究
  • 中国市場における日本ブランドの影響
  • 透光性磁土をつかった陶磁器デザイン
  • ストリートブランドのグラフィックデザイン
  • ウールの構造を活かしたデザインとパターンに関する研究

このページのトップへ戻る