HOME

学部・学科・研究科の紹介

学部・学科・研究科の紹介

大学院・子どもケア研究科(修士課程)

子どもの発達と支援に対して、
長期的・総合的な視野で貢献できる専門的職業人へ。

意義(概要)

 社会情勢の変化を受けて、人々の価値観や生活様式が多様化する一方で、人間関係の希薄化、地域におけるつながりの欠如など、子どもの発達に欠かせない家庭や地域、学校等の連携や補完が必ずしも十分な状況にはありません。こうした現状を踏まえ、本研究科では、子どもを慈しみ、守り、育てることができる豊かで活力ある人間性を育てるとともに、子どもの発達と支援に対して長期的・総合的な視野を持って貢献できる高度な専門的職業人の養成を目指しています。
  本研究科では、基礎研究科目として「子どもケア研究」および「子どもケアフィールドワーク」を配置した上で、応用研究科目として、「保育・教育学」「発達・心理学」「保健・医学」「養護・看護学」「健康・福祉学」の5分野によりカリキュラムを編成。「子どもケア」の全体像を体系的に修得し、多面的な子どもの発達に対処できる専門的な力量を培っています。 。

教育目標

修士課程

 家庭、地域社会、学校、医療機関等の領域において、豊かで活力ある人間性を発揮できる「人間力の養成」を基礎に、子どもの発達と支援に対する長期的・総合的な視野と、高度な専門的学識・技能を有するとともに、当面する問題に主体的に取り組みながら、実践的な問題解決能力をも兼ね備えた人材の養成を教育目標としています。
  具体的には、幼児、児童、生徒の教育や相談・福祉、小児医療に関わる各種機関の即戦力として活躍できる研究員、相談員、保育士、指導員、あるいは幼稚園、保育所、小学校、中学校および高等学校等の教育機関における専門的指導教員、また地域社会における児童問題の高度な専門家の育成を目指します。

【授与学位】
  • 修士(子ども学)
【資格取得】
  • 幼稚園専修免許状
  • 小学校教諭専修免許状
  • 中学校教諭専修免許状(保健)
  • 高等学校教諭専修免許状(保健)
  • 養護教諭専修免許状
・ 学校心理士(受験資格)
【募集要項】

研究テーマ実績

【修士論文】
  • 否定的感情に基づく動機付けが中学生のストレスに及ぼす影響
  • こども園及び幼稚園における与薬の実態と今後の課題
  • 義務教育における養護教諭の役割-児童生徒・保護者のニーズと養護教諭の役割認知に関する調査より-
  • 幼児のフロアー空間への興味と身体表現特性
  • 愛知県の高校生における摂食障害の疫学調査と養護教諭の対応について
  • スクールカウンセラー事業に対するスクールカウンセラーと学校教員の評価と要望に関する一考察
  • 大学生の性行動に関連する要因とこれからの性教育のあり方について
  • 子どものケータイ利用に対する養護教諭の認識についての現状調査

このページのトップへ戻る