HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

人材養成の目的と各ポリシー

名古屋学芸大学 ヒューマンケア学部 子どもケア学科

人材養成の目的

0歳から18歳までの「子ども」の健全な成長・発達及び社会化を支援するために必要な専門知識・技能を有し、かつ広く子どもケアの活動に求められる豊かな人間性と多面的に人間を理解する力を有する、保育・幼児教育活動、学校保健活動、児童の教育及び心理面での支援活動などが行える専門職業人の養成を目指す。

ディプロマポリシー

 子どもケア学科の人材養成の達成のために、次のような到達目標を掲げ、その能力を身につけた者に学士(子ども学)の学位を授与します。

(知識及び技能)

  • 子どものケアに関わる専門職に必要な、保育・教育学、保健・医療・看護学、心理学、社会福祉学の知識・技能を習得している。さらに、生涯発達並びに社会的存在の観点から子どもを多面的に理解し、ケアと教育の実践的な方法を身につけている。

(思考力・判断力・表現力等)

  • 専門知識・技能を活かして、子どもに受容的・応答的に関わる力を身につけ、子どもの発達に応じたニーズ・課題を把握することができる。さらに、それらの課題を効果的に解決しようとする力を身につけている。

(学びに向かう力・人間性等)

  • 子どもの最善の利益を守る人材となるために、常に学び続け、真理探究に努めることができる。さらに、同僚性を発揮し、異分野、多職種の人々とも協働的、創造的に課題解決に向かう態度を身につけている。

カリキュラムポリシー

 ディプロマポリシーを達成するために、教養科目、学科共通科目、専攻・コース専門科目及び教職科目を体系的に編成し、講義、演習、実習科目を適切に組み合わせた授業を開講します。教育課程については、カリキュラムマップ等を示し、系統的に構成しています。

  • 人間について本質的・多面的理解を深めるために教養科目を位置づけ、さらに学部の象徴科目である「ヒューマンケア論」等を中心に保育・教育学、保健・医療・看護学、心理学、社会福祉学領域から子どもとケアについて人間的総合的理解を促す。それらを踏まえつつ、子ども理解の基盤として専攻・コースの専門科目において、講義・演習形式でケアと教育の実践的な方法を修得する。
  • 子ども及びケアと教育について習得した基礎的な知識及び技能を活用、深化させ、子どもの発達に応じたニーズや、現代的・社会的な課題把握と、それを効果的に解決しようとする思考力や、思考したことを表現する力を培うことができるよう、演習・実習及びゼミナール、さらに学外施設での実習を適切に組み合わせて授業を行なう。
  • 初年次教育として1年次の「子どもケア基礎演習」において主体的かつ意欲的に学ぶ姿勢を身に付ける。そして、学内外の実習や演習を通して、協働性・人間性並びに専門職を目指す者に求められる倫理観の涵養を図るよう指導する。さらに、ゼミナールを通して、現代的・社会的な課題を把握し、創造的に課題解決に向かって努力する姿勢を養う。

アドミッションポリシー

 子どもケア学科は、学科、専攻・コースの専門教育に積極的に取り組むことができる、意欲ある、多様な能力・適性を持った次のような学生を求めます。

  • 高等学校で履修した教科について基礎的レベル(教科書レベル)の知識を有している人
  • 多面的に物事を考察することができ、自らの考えをわかりやすく口頭並びに文章で表現できる人
  • 子どもに関する諸問題に関心を持ち、身に付けた知識・技術を社会で役立てたいという強固な意思がある人

このページのトップへ戻る