HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

人材養成の目的と各ポリシー

名古屋学芸大学 ヒューマンケア学部 子どもケア学科(子どもケア専攻・幼児保育専攻)

人材養成の目的

 0歳から18歳までの「子ども」の健全な成長・発達及び社会化を支援するために必要な能力と、保育・教育学、保健医学、栄養学、看護学、養護学、心理学、社会福祉学の諸領域の専門知識を持ち、保育・幼児教育活動、学校保健活動及び子どもの心理面での支援活動をはじめ、広く子どもケアの実践活動が行える人材の養成を目指す。

ディプロマポリシー

 ヒューマンケア学部子どもケア学科の「教育目的」達成のために、具体的には次のような到達目標を掲げ、その能力を身に付けた者に学士(子ども学)の学位を授与します。

  • 広く子どもケアに係る諸領域の専門知識を習得しており、子どもを様々な角度から多面的に視ることができる。
  • 各専攻・コースで想定されている人材モデルにかなった知識と技能を有している。
    <子どもケア専攻養護教諭コース>
    学校保健活動等、主に学齢期の子どものケアに関する分野で活動する者に求められる専門知識と実践的技能を身に付けている。
    <子どもケア専攻子ども心理コース>
    広く子どもの心理面での支援活動に関する分野で活動する者に求められる専門知識と実践的技能を身に付けている。
    <幼児保育専攻>
    保育者に必要な幅広い専門知識と実践的技能を身に付けている。
  • リーダーとして活動できるような、主体性、人間性、社会性を有している。

カリキュラムポリシー

 本学科の教育課程(カリキュラム)編成は、保育・教育学をはじめ、保健医学、心理学、社会福祉学等の諸領域の基礎科目を学科共通専門科目とし、次のような方針に従い教育指導を行います。

  • 学科共通専門科目の展開を前提に、専門性の追求と各種免許・資格の取得が可能なように、子どもケア専攻養護教諭コースでは保健医学、看護学、養護学の領域に、同専攻子ども心理コースでは心理学の領域に、そして、幼児保育専攻では教育・保育学並びに社会福祉学の領域に、それぞれ重きを置いた専門科目群を設置し専門教育を施す。
  • 現場重視の見地から学外機関での実習をはじめ様々な機会を通して実践力養成を目指した教育指導を行う。
  • 身に付けた知識やスキルを統合し、自ら考え問題の解決に繋げていく能力や姿勢を育成するために、ゼミナールや卒業研究などを置き、丁寧な個別指導を行う。

アドミッションポリシー

 本学科は、広く子どもケアに係る諸領域の専門知識を有し、0歳から18歳までの「子ども」の健全な成長・発達及び社会化を支援できる保育・幼児教育活動、学校保健活動及び心理面での支援活動をはじめ、広く子どもケアの実践活動が行える人材の養成を目指しています。この目的を達成するために、人間性豊かな、多様な能力・適性を持った次のような学生を求めています。

  • 高等学校で履修した教科について基礎的レベル(教科書レベル)の知識を有している人
  • 多面的に物事を考察することができ、自らの考えをわかりやすく口頭並びに文章で表現できる人
  • 広く子どもに関する諸問題に関心を持ち、身に付けた知識・技術を社会で役立てたいという強固な意思がある人

このページのトップへ戻る