HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

人材養成の目的と各ポリシー

名古屋学芸大学大学院 メディア造形研究科

人材養成の目的

 広大なメディア造形の世界の創造・開発を担う人材として、国際的な視野に立ち、社会や時代の動向を掴む創造力・洞察力、有効な施策を立案する企画力、そしてプロジェクトを強く展開する推進力・調整力を持つ人材の育成を目指します。併せて、クリエーター、ディレクター並びに研究者として自分の専門領域を持つとともに、他の領域にも精通し、創造・開発活動を担当するばかりでなく、プロジェクトの施策を立案、展開、提案をまとめ上げていく、リーダーシップを持った人材の育成を目指します。

ディプロマポリシー

 本研究科においては、次の様な到達目標を掲げ、その能力を身に付け、修士論文の審査と最終試験に合格した者に修士(メディア造形)の学位を授与します。

  • 多様なニーズに応えて、行動できる総合的な能力を有している
  • 高い専門性と幅広い分野にわたる知識と体験を有している
  • 自らが判断し、計画し行動できる

カリキュラムポリシー

 映像メディア、デザイン、ファッション造形と広範な領域にわたって、高度な見識、経験、能力を持ったメディア造形分野のクリエーター、ディレクター並びに研究者を育成するために、以下のカリキュラムを編成しています。

  • 「特修科目」では、メディア造形に関わる横断的な分野の基礎的課題や専門領域に繋げる課題について履修する。
  • 「専門科目」においては、映像メディア、デザイン、ファッション造形の三つの専門領域について、それぞれの領域ごとに細分化された専門科目を開講し、深くその領域の知識や技術を学習し、国際的にも通用する高度な見識と技能を修得する。
  • 異なる領域の専門科目を積極的に選択することを推奨し、メディア造形全般にわたるクロスオーバーな見識と技能を体得できるよう、教育課程を編成している。
  • 特別研究では、それぞれの専門領域に関わるテーマを取りあげ、その論理的研究や作品、モデルあるいは現物の制作を行って、高い見識と幅広い視座を持ち、高度な技能を身につけ、クリエイティブなワークと総合的なディレクティングができる能力を育成する。

アドミッションポリシー

 本研究科の関わるメディア造形分野は、今、大きく変貌しつつあり、それぞれの領域の中での専門化が進むとともに、一方、各領域の融合や複合化が進んでいる状況にあって、領域を横断したプログラムや講座によって、これからの多彩な能力を発揮し、業界の核となる人材の育成を目的とします。この目標に向かって、本研究科では、次のような学生を求めています。

  • 自らが積極的にプロジェクトや研究に打ち込み、大いなる意欲を持って行動する人
  • 自ら進む方向に強い信念と幅広い展望を持ち、未来に向かってポジティブな歩みを続けることができる人

このページのトップへ戻る