HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

人材養成の目的と各ポリシー

名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科

人材養成の目的

 「人間教育と実学」と掲げた建学の精神のもと、視覚伝達、環境設計、商品開発、事業開発などに関わる広範なデザイン分野を俯瞰しつつ、自ら課題を発見し、常に人間中心思考で解決策を導き出し、可視化した提案ができる人材の養成を目指す。

ディプロマポリシー

 変化、拡大を続けるデザインの世界で、個人の特質や能力を生かしてデザイン活動を実践するために、デザイン学科では次のような到達目標を掲げ、その能力を身に付けた者に学士(デザイン)の学位を授与します。

  • デザインにおける高い専門知識と探求心・理解力を有する。
  • デザインの基本的な技術として、観察力・発想力・構成力・伝達力を有する。
  • 選択したコースにおいて、専門的な技術とともに、協調性・企画力・表現力・展開力・コミュニケーション能力を身に付け、社会で活動できる職能を有する。
  • 社会と積極的にかかわり、新たな問題を自ら発見し解決する姿勢を有する。

カリキュラムポリシー

 本学科は、実学としてのデザインを追求しています。制作システムの変化やテクノロジーに対応できる技術、問題を発見し解決方法を提案する企画力、それを人に伝える豊かな表現力の修得を目指し、次のようなカリキュラムを編成しています。

  • 1年次の造形基礎から、2年次の各領域の基礎過程を経て、3年次以降は各領域の応用過程へ、総合的な視野を保ちながら段階的に各コースを選択する。各コースでは、総合的な企画力を養う演習と、専門的な表現技術を習得する演習を等分に設定している。また、教養を得る科目、技術的な知識を得る科目も適切な段階で配置している。
  • 企画提案力を養い、より高度なコミュニケーション能力を獲得するため、産学協同や地域連携の科目を設定して、実社会での課題に取り組んでいる。
  • 様々な分野の外部講師を招き、デザインの現場を体験する授業を設定している。
  • グローバルな規模でデザインを考えるために、「海外研修」や「国際交流ワークショップ」を設定している。

アドミッションポリシー

 デザイン(design)は、意匠、立案、構想、企画、計画、設計、仕組みなどの意味を含み、その領域は「ものづくり」から「コトづくり」にまで拡大しています。本学科は、私たちを取り巻く様々な課題を広い視点から捉え、自ら問題発見と問題解決を行う知識と技術の修得を目指しています。この目標に基づき、次のような学生を求めます。

  • コミュニケーション能力やリーダーシップ能力を高めたいと思っている人。
  • 人文科学(文学、哲学、歴史、地理、芸術など)、社会科学(社会、政治、経済など)、自然科学(物理、化学、生物、工学など)分野に幅広い関心を持つ人、または一つの分野に人一倍造詣の深い研究を行っている人。
  • 絵を描くことやものを作ることが好きで、デザインの知識や技術の修得に関心がある人。
  • 社会の出来事に関心があり、自らの問題発見と問題解決を行う熱意と努力を惜しまない人。

このページのトップへ戻る