HOME

名古屋学芸大学の紹介

名古屋学芸大学の紹介

人材養成の目的と各ポリシー

名古屋学芸大学 看護学部 看護学科

人材養成の目的

 看護実践力と看護創造力をそなえ、あらゆる看護の場面で、豊かな心と人間性、高い倫理観、人権尊重と人権擁護の立場から法令遵守に則り、看護専門職として科学的根拠と合理的判断に基づいて、心身両面からトータルケアできる、真の人間力を有する「未来志向の看護専門職」の養成を目指す。

ディプロマ・ポリシー

 看護学部の目的達成と社会に貢献できる看護師養成のために、具体的には次のような到達目標を掲げ、その能力を身に付けた者に学士(看護学)の学位を授与します。

  • 看護の対象の健康レベルに応じた実学としての看護を実践できる能力を有している。
  • 看護と看護学を追究し、普遍的な知の創造を探求・具現化できる能力を有している。
  • 寛容性と感性をもって人間味あふれる看護が実践できる能力を有している。
  • 真の人間力をもって、グローバル社会に積極的に踏み出すことができる能力を有している。

カリキュラム・ポリシー

 本学部は、厚生労働省の定める保健師助産師看護師養成施設であり、法令に適合したカリキュラムになっています。高度な看護実践者を育成するという教育目標を達成するため、教養科目、専門基礎科目、専門科目、統合科目を配置し、学生の学習進度に沿った履修を進めます。

  • 教養科目は、「英語の世界」「人間の探究」「歴史と文化」「社会のしくみ」「自然科学へのいざない」「文学と芸術」「ウェルネス」「学際の探究」「世界の言語」を配置し、基礎知識を修得します。看護学だけに偏ることなく、社会人として必要な一般教養、語学力を高める外国語科目等の教養教育を充実させています。「看護学入門」では、大学における学びや医療や看護の実際を学習し、看護を学ぶ方向付けをします。
  • 専門基礎科目は、看護を学ぶ基礎となる「看護と生物」「看護と化学」「看護と物理」「看護と統計」を基本科目として配置しています。そのうえに、医学や薬学、社会保障等を学ぶ専門基礎科目を配置し、「人体の機能と構造」「心の理解」「疾病の成り立ちと回復の促進」「健康支援と社会保障制度」の分野を置き、「解剖生理学」、「臨床心理学」、「病態治療学」、「薬理学」など、関連科目の学習をします。
  • 専門教育科目は、「基礎看護学」「成人看護学」「老年看護学」「小児看護学」「母性看護学」「精神看護学」「地域看護学」の7分野を置き、講義、演習、実習を通して看護実践能力を育成します。
  • 統合分野には、ヘルスプロモーション・セーフティネット・チーム医療を学ぶ「統合実習」をおき、幅広い看護実践について学びます。さらに「災害看護」「看護管理」「国際看護学」等の科目を配置し、4年間での学びを自らの看護実践につなげるための知識と技術の統合を図ります。
  • 4年間の看護の学びの集大成として、実践した看護の学びの成果をまとめ、研究的な視点で評価する「看護研究」を配置しています。看護に必要な課題解決思考、論理的思考力を定着、発展させるための科目です。研究の基本を学ぶ「看護研究1」と研究の実際を学ぶ「看護研究2」を配置し、卒業研究として論文作成を行います。個別指導を取り入れ、学生の主体的な学びを支えます。

アドミッションポリシー

 本学部では、生命に対する畏敬の念と看護の対象を尊敬する姿勢を身につけ、対象に対して誠実で温かみのある、他者から信頼を得る人間性あふれる看護専門職の育成をめざします。看護の対象や家族に必要な援助をあらゆる角度から捉え、状況に応じて柔軟に看護実践できる「看護師」の養成をめざしています。入学を希望する人には、次のような意欲や能力を求めています。

  • 高等学校学習指導要領等に基づく基本的な知識を修得した上で、人間の生活や命、健康に関心をもち、保健・医療・福祉の分野への貢献を将来的に希望する人。
  • 主体的に学習を行うことができ、興味関心事を探求する人であり、基礎学力を自ら発展させることができる人。
  • 温かい心と思いやりをもって相手の気持ちを尊重し、他者と協力しあって対象に対して謙虚かつ誠実に取り組める人。
  • 国際社会に関心をもち、変化に対応できる柔軟性をもつ人。

このページのトップへ戻る